« 政治家は一般人じゃないだけぞ | トップページ | 反日の隣国などにゃ用はない »

九条は守れ自衛隊も守れ

憲法改正、9条を優先=「苦しくてもまとめる」-安倍首相
 安倍晋三首相は9日の参院予算委員会で、憲法改正に関し「今まずやらなければいけないことは自衛隊についてで、残念ながら憲法学者の多くが違憲と言っている。そういう状況を変えるのは私たちの世代の責任だ」と述べ、9条を改正し自衛隊の根拠規定を置く必要性を訴えた。民進党の蓮舫代表への答弁。
 首相が国会で9条改正に言及したのは、3日に開かれた改憲推進派団体の集会に寄せたメッセージで、1、2項を維持しつつ自衛隊の存在を追加する案を打ち出して以降、初めて。
 共産党の小池晃書記局長は、首相の9条改正案により「自衛隊は何の制約もなく海外で武力行使できるようになる」と追及した。これに対し首相は、「そうしたことにはならない。(戦争放棄などを定めた)1、2項を残すのだから、当然、憲法上の制約は受ける」との見解を示した。
 首相は、蓮舫氏に「自民党内の議論を加速し、憲法審査会への提案をいかに苦しくてもまとめ上げる決意だ」と表明。同時に「一方だけが具体的な案を出して、もう一方は追及、批判するだけというテーマではない」として、安倍政権下での改憲に反対する民進党にも案をまとめるよう促した。
 憲法を改正し2020年施行を目指すとした理由については、「20年は東京五輪・パラリンピックも予定される年で、新しい日本を始めようという機運がみなぎっている」と説明した。蓮舫氏は「五輪と憲法改正は全く関係ない」と批判した。(以上(時事通信2017/05/09-18:08)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050900116&g=pol
 国会でやっと憲法論議が始まったが、安倍総理は4バカ野党の屁理屈に遭っているようだ。
 それならば、九条論者はどう考えるのだろうか?共産党は、日本を中国の属国として共産主義社会にしたいという下心は見え見えなので、自衛隊が邪魔なことは十分分かるが、それならば、非常時に自衛隊が活動していることをどう考えるのか?例えば、歩く国賊・菅直人の菅災である東日本大震災でも、自衛隊は活動したが、それをどう考えるのか?少なくとも、自衛隊は、九条論者であろうがなかろうが、分け隔てなく救助し、被難所の運営も行ったし、遺体捜索にも加わった。そんなに自衛隊が嫌ならば、一切、非常時に自衛隊の援助を受けないと、予め登録する制度が必要だろう。何よりも、自衛隊が無かったから、南朝鮮の李承晩に竹島を不法占拠されたことを九条論者はどう考えるのか?安倍総理は優しいから、憲法改正で違法人・蓮舫率いる民進党に具体的な案を出すように諭したが、民進党で憲法論議をすれば、党が分裂することは火を見るより明らかだ。
 改憲論議は、支持率6.6%の民進党に遠慮することなくどんどん進めるべきだ。バカを相手にしていても議論は進まない。(No.5152)

|

« 政治家は一般人じゃないだけぞ | トップページ | 反日の隣国などにゃ用はない »

共産党」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65258438

この記事へのトラックバック一覧です: 九条は守れ自衛隊も守れ:

« 政治家は一般人じゃないだけぞ | トップページ | 反日の隣国などにゃ用はない »