« ユネスコにゃ価値の分からぬ文化財 | トップページ | 都議選後だから遅いの分からない? »

自衛隊要請などはしない知事

増水で一時54人孤立 名護・源河川と大宜味・平南川、全員救助
 5日午後2時44分ごろ、名護市源河の源河川と大宜味村津波の平南川にあるター滝付近で、「(大雨で)水かさが急に増して、向こう岸から戻れなくなっている」などとの通報が消防を通じて名護署にあった。18歳未満の子ども22人を含む行楽客ら54人が取り残され、名護市消防本部と国頭地区行政事務組合消防本部、名護署が午後7時2分までに全員を救助した。救助されるまで最大約4時間取り残された。けが人はいない。
 沖縄気象台によると前線の南下により、午後2時半から同3時にかけ、名護市西部と東部で1時間当たり約60ミリの非常に激しい雨となった。東村付近でも午後2時半に50ミリが観測された。気象台は午後2時46分に、名護市で大雨洪水警報を発表した。警報は同4時49分に解除された。
 消防や名護署によると源河川付近には21人、ター滝付近には33人の行楽客が取り残された。うち18歳未満の子どもが、それぞれ7人と15人いた。川の流れが速く、その場から動けない状態だったという。大型連休中で、付近は行楽客でにぎわっていた。
 源河川付近では2014年8月に子ども5人を含む9人が取り残され、ター滝付近では16年6月に外国人ら18人が取り残されるなどの事故が発生している。
 気象台は、6日も前線の南下で1時間当たり20ミリの強い雨が予想されるため、特に河川へ出掛ける際には厳重な警戒が必要だとしている。(以上(琉球新報2017年5月6日06:30)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-490763.html

 沖縄県の豪雨で、川に残された行楽客が消防と警察によって救助されたが、翁長雄志から自衛隊への派遣要請はなかった。
 無事に全員救助されたから良いようなものだが、もし、此れで犠牲者が出たら誰が責任を負うのだろうか?当然、危機管理意識の薄く、自分の政治信条によって犠牲者を出せば、県知事である翁長雄志の責任問題に発展していただろう。
 沖縄には自衛隊も在日米軍もいるのだから、依頼すれば出動してくれていただろう。県知事のプライドによる犠牲者が出なくて幸いだ。(No.5148-2)

|

« ユネスコにゃ価値の分からぬ文化財 | トップページ | 都議選後だから遅いの分からない? »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65242888

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊要請などはしない知事:

« ユネスコにゃ価値の分からぬ文化財 | トップページ | 都議選後だから遅いの分からない? »