« 総理いなくても動くのが組織 | トップページ | あちこちで禍根を残す菅直人 »

誰とは明かさない政府関係者

海自艦、初の米艦防護へ 四国沖まで、安保法制に基づき
 2015年に成立した安全保障関連法に基づいて、平時から自衛隊が米軍の艦船などを守る「武器等防護」を実施するよう、稲田朋美防衛相が初めて自衛隊に命じたことが分かった。米海軍の補給艦が防護対象という。複数の政府関係者が明らかにした。
 米軍からのニーズが高かった任務で、自衛隊法に基づき、防護のために自衛官は必要最小限の範囲で武器を使える。昨年11月から12月にかけて南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の部隊に「駆けつけ警護」の任務が加えられたのに続き、安保法制に基づく自衛隊の任務が本格化する。
 政府関係者によると、海上自衛隊の護衛艦「いずも」が5月1日午前に横須賀基地(神奈川県)を出港。房総半島沖周辺で米海軍の補給艦と合流し、四国沖までこの補給艦を守りながら一緒に航行する計画とされる。
 この補給艦は、北朝鮮による弾道ミサイル発射への警戒をはじめ、日本近海で情報収集などをしている米太平洋艦隊の艦船に補給する見通し。29日に対馬海峡から日本海に入った米海軍原子力空母カールビンソンの艦隊に補給する可能性もあるという。カールビンソンは北朝鮮のさらなる挑発を抑えるため、同日から日本海で韓国海軍と合同訓練を始めた。訓練には韓国海軍のイージス駆逐艦「世宗大王」や哨戒機などが参加している。(以上(朝日デジタル2017年4月30日05時05分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK4Y5H4VK4YUTIL00V.html

 アカヒ新聞が、稲田防衛相が「武器等防護」を命じたことが気に入らないようで、誰とも明かさない政府関係者の言葉として記事を出した。
 政府は、危機管理のためにも、アカヒ新聞に情報を垂れ流した政府関係者が誰かと言うことを突き止めて、懲戒免職にするべきだ。自分の名前も出さずにアカヒ新聞に情報を垂れ流した罪は、中国・朝鮮というスパイに情報提供をしたのと同じことだ。アメリカは日本を守るために、イージス艦16隻を朝鮮半島周辺に展開させている。複数発の北朝鮮のミサイルが発射された場合、日本のイージス艦だけでは対応できないからだ。当然、日本が出来ることは、日本がやってアメリカ艦船を防護することも当然のことだ。左巻き九条論者は気に入らないだろうし、アカヒ新聞の記事を読んでも、まるで戦争が始まるかの如き、偏向した記事だ。
 北朝鮮のミサイルで迎撃できなかったミサイルは、アカヒ新聞本社社屋に命中して欲しいとさえ思う。(No.5143)

|

« 総理いなくても動くのが組織 | トップページ | あちこちで禍根を残す菅直人 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65217008

この記事へのトラックバック一覧です: 誰とは明かさない政府関係者:

« 総理いなくても動くのが組織 | トップページ | あちこちで禍根を残す菅直人 »