« ツイッターで民進党のお目出度さ | トップページ | 東京都都知事がバカで垂れ流し »

偏向報道沖縄も朝日でも

辺野古、続く機動隊の排除 反対派「痛い、人間なのよ」
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画で、名護市辺野古の沿岸部を埋め立てる護岸工事が始まって1カ月が過ぎた。反対派の座り込みは今も連日続き、工事車両を通すため機動隊が強制排除を繰り返している。護岸が少しずつ形を見せ始める中、県は法的な対抗手段に踏み切るタイミングを計る。
■「ごぼう抜き」
 那覇市から高速道路を経て車で1時間。名護市辺野古にある米軍キャンプ・シュワブの「工事用ゲート」周辺には、午前7時前から自家用車やマイクロバスに分乗した反対派の人たちが集まり始めた。
 工事車両を出入りさせないため、座り込む。人数はやがて150人ほどになったが、午前中は結局、工事車両は行き来しなかった。「多くの人が集まったので、今日は搬入しないかも」。そんな会話をして多くの人が昼食のために現場を離れた午後0時45分ごろ、突然、基地内に待機していた警察の機動隊員約50人が隊列を組んで現れた。
 ゲート前に残っていたのは20人ほど。機動隊は、「配置!」との命令を合図に、腕を組んで座り込む人を1人ずつ引きはがす。「ごぼう抜き」と呼ばれる強制排除だ。「痛い痛い。人間なのよ」。高齢の女性が声を上げる。機動隊員は「歩ける人は歩いてください」と怒鳴った。(以上(朝日デジタル2017年5月28日07時03分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK5T52WVK5TTIPE01R.html

 偏向新聞・アカヒ新聞が、沖縄2紙と変わらない、辺野古の反対派を擁護する記事を掲載した。
 公道を座り込みで塞いでいるのだから、機動隊が強制排除するのは当然のことだ。それをあたかも機動隊が悪いという捏造記事を書くのは、さすがアカヒ新聞だけのことはあって、手慣れたものらしい。
 機動隊は、強制排除ではなく公務執行妨害で片っ端から反対派をしょっ引くようにしなければ、賽の河原だ。(No.5170)

|

« ツイッターで民進党のお目出度さ | トップページ | 東京都都知事がバカで垂れ流し »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65337881

この記事へのトラックバック一覧です: 偏向報道沖縄も朝日でも:

« ツイッターで民進党のお目出度さ | トップページ | 東京都都知事がバカで垂れ流し »