« 自称市民は排除よりまず逮捕 | トップページ | 行為は違法でも気持ちなら分かる »

産経が朝日を質す正義感

朝日のコラムに異議あり 拉致問題で約束を反故、振り回されたのをお忘れか(5月2日)
 ことさらに危機を煽(あお)っていると言いたいのか。朝日新聞の昨日の夕刊コラム「素粒子」は「北朝鮮は危機なのか。失敗ミサイルで東京の地下鉄が止まる。ソウルは平常通り」と書いた。朝刊の「天声人語」も「一体どこまでの危機だというのか。政府の説明は十分とはいえない」。
 ▼異議あり。ミサイル発射は失敗だったが、すでに化学兵器を搭載して着弾させる能力を保有しているとみられ、いつ日本に飛んでくるかわからない。天声人語はさらに「一方で目立つのは、北朝鮮を威圧する米軍に追随するかのような自衛隊の行動である」と、初の米艦防護を批判する。
 ▼「圧力の前に、北朝鮮の暴発を防ぐための外交は尽くされているのか」というが、拉致問題で一方的に約束を反故(ほご)にするなど振り回されたのをお忘れか。20世紀初めのセオドア・ルーズベルト米大統領は「太い棍棒を持って、穏やかに話す」の「棍棒外交」で有名だった。硬軟併せ持ってこそ外交である。(以上(産経WEST2017.5.2 14:00)より引用)
http://www.sankei.com/west/news/170502/wst1705020042-n1.html

 アカヒ新聞が、北朝鮮のミサイル発射で地下鉄を止めたことを素粒子でほざいたことに、産経新聞が異を唱えた。
 アカヒ新聞は、朝鮮日報の略のようなものだから、北朝鮮が何をしようが、仲間がやっていることとして容認しているだけだろう。とにかくアカヒ新聞は、中国、朝鮮のことになるとムキになる。まあ、中国にしても、文化大革命時代からアカヒ新聞は中国に支社を置かせて貰っていたのだから、当然、中国に不都合なことを記事にするはずもない。今日は、アカヒ新聞阪神支局が赤報隊に襲撃されたと大々的に記事を載せていることだろうが、アカヒ新聞は取るのを止めたから、好きにほざけば良いのだ。アカヒ新聞の公称部数は6百数十万部で、200万部は押し紙らしいから、400万強の世帯を洗脳し続けているのだろう。それにしても、アカヒ新聞に真っ向から議論を挑む産経新聞は頼もしい。(No.5145)

|

« 自称市民は排除よりまず逮捕 | トップページ | 行為は違法でも気持ちなら分かる »

危機管理」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65226041

この記事へのトラックバック一覧です: 産経が朝日を質す正義感:

« 自称市民は排除よりまず逮捕 | トップページ | 行為は違法でも気持ちなら分かる »