« 外国へ高飛びですか保釈の身 | トップページ | 反対する理由がちゃんとある野党 »

元民進は戦争がしたいよう

元民進の長島昭久氏、安倍晋三首相の9条改正内容に「がっかり」 交戦権・戦力不保持の解消求める
 元民進党の長島昭久元防衛副大臣(無所属)が17日、日本記者クラブで会見し、安倍晋三首相が意欲を示す憲法9条の改正による自衛隊の存在の明記について「ちょっとがっかりしている。本当の意味で9条改正にならない。そんな改正なら、やる必要ない」と述べた。長島氏は「交戦権の不保持と戦力の不保持の両方を解消するべきだ」と述べ、抜本的な改正が必要との認識を示した。
 首相は3日、戦争放棄の9条1項と戦力不保持の同2項を残しつつ、「自衛隊を明文で書き込む」と表明した。(以上(産経ニュース2017.5.17 18:21)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170517/plt1705170031-n1.html
 民進党を逃げ出した長島昭久が、安倍総理の9条改正にがっかりしたとほざいたが、こいつは日本を戦争に巻き込みたい気らしい。
 民進党の元防衛副大臣か知らないが、民進党を辞めたのだからただの無所属だ。そいつの言う通り憲法を改正したらどうなるか、長島昭久が何様なのかというほざきようだ。長島昭久は勝手に民進党を除籍されたのだからと言って、自分の思うように政治ができると考えているならばお門違いも甚だしい。日本国は、戦争はしないが自衛のための最小限の軍備を持つというのが国是だから、当然、憲法9条を変更するにしても、それなりの対応が必要だという認識の欠如した戦争論者が、長島昭久だ。
 政府・与党は、民進党崩れなどの意見など無視して、憲法改正に動けばよいのだ。民進党の唾のついた輩の言うことを聞かなければ、良い日本の国ができるというのは自明なことだ。自民党は、絶対に長島昭久などを党内に引き込んではならない。(No.5159)

|

« 外国へ高飛びですか保釈の身 | トップページ | 反対する理由がちゃんとある野党 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65291772

この記事へのトラックバック一覧です: 元民進は戦争がしたいよう:

« 外国へ高飛びですか保釈の身 | トップページ | 反対する理由がちゃんとある野党 »