« 豊洲移転選挙ネタです小池知事 | トップページ | 民進議員辞任じゃ済まぬ豚箱へ »

国政を未だ邪魔する菅直人

諫早湾干拓、国に開門差し止め命令…長崎地裁
 国営諫早いさはや湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門の開門を巡り、干拓農地の営農者らが国を相手取り、開門差し止めを求めた訴訟で、長崎地裁は17日、国に開門差し止めを命じる判決を言い渡した。
 訴訟では、同地裁が開門しないことを前提とした和解を勧告。国は昨年11月、漁業支援を目的とした総額100億円の基金案を提示した。漁業者側が応じなかったことなどから、和解協議は3月に打ち切りとなった。
 開門を巡っては、2010年、福岡高裁が1審に続いて国に開門を命じ、国が上告せず、判決が確定。一方、長崎地裁は13年、営農者らが申し立てた仮処分で開門差し止めを命じるなど、国が相反する法的義務を負う状態が続いている。(以上(2017年04月17日15時57分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170417-OYT1T50058.html
 長崎地裁で、諫早湾干拓地の開門差し止めを命じる判決が出たが、この問題は、開門しても閉門のままでも国が賠償金を支払うようになっている。
 そのようなおかしなことをやったのは、歩く国賊・菅直人が総理時代に自分では英断だと思ってやったことであり、未だに歩く国賊・菅直人の悪行三昧が国政に影響しているのだ。諫早湾だけでなく、東京電力福島第一原発菅災もどうようであり、いかに、脳みその足らない歩く国賊・菅直人が、英断をしたように振舞った後遺症が酷いかが分かる。
 それでも、歩く国賊・菅直人には反省という二文字が存在しないのだから、国が支払っているカネは歩く国賊・菅直人の個人負担にするべきだ。(No.5130)

|

« 豊洲移転選挙ネタです小池知事 | トップページ | 民進議員辞任じゃ済まぬ豚箱へ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65162839

この記事へのトラックバック一覧です: 国政を未だ邪魔する菅直人:

« 豊洲移転選挙ネタです小池知事 | トップページ | 民進議員辞任じゃ済まぬ豚箱へ »