« 無断録音は証拠にもならぬ | トップページ | 左翼なら忖度しても良いらしい »

報道が全体主義の朝日です

JR東は運行、西は見合わせ ミサイル対応なぜ違った?
 北朝鮮のミサイル発射情報を受け、東京メトロなど一部の鉄道会社が29日早朝、運転を見合わせた。一方、そのまま運行を続けた社もあり、鉄道各社で判断が分かれた。
 米太平洋軍などによると、北朝鮮がミサイルを発射したのは29日午前5時半ごろ。報道各社は同6時すぎから、次々に速報で伝えた。
 東京メトロは各社の速報を受け、午前6時7分から約10分間、全路線の運転を見合わせた。北朝鮮情勢をめぐる緊張が高まるなか、4月中旬に社内で対応策を協議。全国瞬時警報システム「Jアラート」からの情報やニュース速報があれば、安全確認のため、10分ほど運転を見合わせることを決めた。この対応に、ネット上では「過剰反応だ」といった批判もあったが、担当者は「今回が初めての対応。今後も検討は続ける」と話す。
 JR西日本も午前6時8分ごろから、日本海側を走る北陸新幹線の運転を一時見合わせた。4月から、Jアラートや緊急情報ネットワークシステム「エムネット」の情報を受信した場合、運行を見合わせるようルールを変えた。今回は両システムからの情報はなかったが、ミサイル発射で運転見合わせを決めた。JR西日本金沢支社は「安全を最優先して点検し、影響がないと確認できたため運転を再開した」としている。
 一方、JR東日本、JR東海は新幹線、在来線とも運行を続けた。各社とも、運転を見合わせるのは、Jアラートやエムネットなど行政機関から情報があった場合だけ。報道機関の情報だけで運転を見合わせることはないという。
 JR東日本は今月下旬、情報があれば、駅に停車中の列車はそのまま待機させたり、走行中の列車はすぐに停車させたりするよう社内に周知。ミサイル着弾が予想される地域を走る列車や駅には、特に注意を払うよう求めた。
 JR東海はこの日、運行について安全上の問題はないと判断したという。担当者は「今後も国からの情報に基づいて適切に判断する」と話している。
 西鉄、福岡市営地下鉄も通常通り運行を続けた。いずれもJアラートが作動した場合に電車の運転を止める規定があり、報道だけでは停止しないという。(以上(朝日デジタル2017年4月29日21時54分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK4Y5SN2K4YUTIL011.html

 北朝鮮のミサイル発射情報に対して、鉄道会社の対応が異なったことで、アカヒ新聞がおかしいとほざいたが、これこそ全体主義と言える。
 国が一定の基準を作らず、鉄道会社に対応を任せているのだから当然のことだが、全体主義者アカヒ新聞には気に入らないようだ。列車を止めなかった鉄道会社は国の警報システムではなく、メディアの報道だけだったということもある。何と言っても、誤報の天下とも言うべきマスメディアの速報だけで、対応すると言うこと自体、馬鹿臭い。
 アカヒ新聞は自社の記事が正しくて、それを質した新聞社に怒鳴り込んだという位、内容はないが気位は高い。(No.5142)

|

« 無断録音は証拠にもならぬ | トップページ | 左翼なら忖度しても良いらしい »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65215472

この記事へのトラックバック一覧です: 報道が全体主義の朝日です:

« 無断録音は証拠にもならぬ | トップページ | 左翼なら忖度しても良いらしい »