« 民進に意見社民のエロガッパ | トップページ | NHKサッサと潰せ国のため »

外務省注意喚起でいいですか?

外務省、韓国滞在者に注意喚起 核実験・ミサイル発射観測受け
 外務省は11日、北朝鮮による核実験や弾道ミサイル発射に対する警戒が強まっていることを受け、韓国滞在者や渡航予定者に対して朝鮮半島情勢に注意を促す「スポット情報」を発表した。韓国への渡航自粛や滞在者の退避などを求める危険情報は出ていない。外務省の「海外安全ホームページ」に掲載した。
 スポット情報では「北朝鮮は核実験や弾道ミサイル発射を繰り返している」と指摘。最新情報に注意を払うよう求めているが、「直ちに邦人の安全に影響がある状況ではなく、危険情報は出ていない」とした。
 外務省関係者によると、北朝鮮の動向に関する問い合わせが最近になって相次いでいることもスポット情報を出すきっかけとなった。同省は韓国在留邦人の人数を正確に把握するため、渡航者に海外旅行登録システム「たびレジ」への登録を呼びかけている。
 スポット情報は、特定の国で日本人の安全に関わる重要な事案が生じた際に速報的に出される情報。外務省によると、北朝鮮関係では、これまでも平成18(2006)年10月と昨年2月の弾道ミサイル発射時など、過去10年間で少なくとも3回のスポット情報を出しているという。(以上(産経ニュース2017.4.11 22:35)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170411/plt1704110049-n1.html
 外務省が、休戦地帯である南朝鮮へ注意喚起を出したが、そのような危機管理体制で良いのだろうか?
 朝鮮半島は誰もが知っている朝鮮戦争が終結せずに、未だに休戦地帯なのだ。中東情勢を見ても、ISが駆逐をされても安全などとは言えない状態だが、南朝鮮も同じことだ。南朝鮮に居る日本人は自己責任だと外務省が明言すれば良いのだ。南朝鮮へ北朝鮮が攻め込んだ時のために長峰大使を戻したようだが、外務省が南朝鮮へは渡航禁止措置を取っておけば、釜山総領事館前の自称慰安婦像が撤去されない、何も進展がないのに大使を戻す必要はなかったのだ。また、南朝鮮から難民が日本へなだれ込んでも困るから、朝鮮人の入国も禁止するべきだ。(No.5125)

|

« 民進に意見社民のエロガッパ | トップページ | NHKサッサと潰せ国のため »

危機管理」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65142272

この記事へのトラックバック一覧です: 外務省注意喚起でいいですか?:

« 民進に意見社民のエロガッパ | トップページ | NHKサッサと潰せ国のため »