« 教育勅語は天声人語よりマシぞ | トップページ | 約束を守らない最低国家 »

老人の免許疑わしきは没収に

横浜の小1死亡事故、88歳男性を不起訴 認知症と診断
 横浜市港南区で昨年10月、集団登校中の小学生の児童の列に軽トラックが突っ込み、1年生の田代優(まさる)君(当時6)が死亡した事故で、横浜地検は31日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で送検されていた無職男性(88)を不起訴処分(嫌疑不十分)とし、発表した。
 地検などによると、男性は精神鑑定の結果、アルツハイマー型認知症だったと診断された。昨年10月27日朝に自宅を出発。生活圏外に出たため、認知症の影響で自分がどこにいるかわからなくなり、体調も認識できない状態のまま、事故までの約24時間にわたる運転で疲労が蓄積されていたとみられる。
 地検は男性が運転をやめる決断もできなかった可能性を否定できず、過失は問えないと結論づけた。
 田代君の父親は代理人の弁護士を通じ、「希望に満ちあふれた人生のすべてを一瞬にして奪い去られ、その運転手の罪を問うことができないという判断は到底納得のできるものではありません」とのコメントを出した。(古田寛也、伊藤和也)(以上(朝日デジタル2017年3月31日20時33分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASK305RGHK30ULOB018.html

 通学途中の小学生を轢き殺した88歳の糞爺が、認知症として無罪放免になった。
 遺族としてもいたたまれない気持ちが良く分かる。人の命を殺めても高齢者の認知症ならばやり放題で無罪放免などあり得ない話だ。少なくとも、運転していたのだから、その事実に基づいて処罰すべきだ。惚けたら無罪などあり得ないことだ。もし、人を轢いても認知症なら無罪というのであれば、免許更新時に認知症の疑いがある段階で免許の更新ができなくするべきだ。老い先短い年寄りの権利よりも、若い人の生きる権利を優先するべきだ。
 高齢者の免許更新時に認知症の疑いがあれば免許の更新をしないことを道交法に明記し、免許は権利では無く許可などだと周知するべきだ。(No.5114-2)

|

« 教育勅語は天声人語よりマシぞ | トップページ | 約束を守らない最低国家 »

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65097578

この記事へのトラックバック一覧です: 老人の免許疑わしきは没収に:

« 教育勅語は天声人語よりマシぞ | トップページ | 約束を守らない最低国家 »