« 仮免の試験を課せば高齢者 | トップページ | 稲田氏が正しいから蓮舫の違和感 »

聖徳太子で何が悪いか分からない

聖徳太子、教科書で表記変更は妥当? 国会で論戦に
 「聖徳太子という表記をなくしたり、聖徳太子不在説に立ったりするものではない」――。学習指導要領の改訂案で「聖徳太子」の表記が変更されたことについて、9日の参院文教科学委員会で「問題だ」といった声が上がり、松野博一文部科学相が説明に追われる一幕があった。
 改訂案では、「聖徳太子」が、小学校では「聖徳太子(厩戸王〈うまやどのおう〉)」、中学校では「厩戸王(聖徳太子)」となっている。文科省によると、正しくは「厩戸王」で、没後100年くらい後の書物で「聖徳太子」と紹介されたという。中学校では正式名を先に出した。
 無所属クラブの松沢成文氏は同委で「極めてわかりにくい。聖徳太子の偉業を歴史のなかで教えていくのは連続性がなければいけない」と指摘。議論が足りないとして、今回の改訂では表記の変更を見送ることも求めた。松野文科相は「聖徳太子の業績に否定的な見解を持っているということでは全くない。古代史への理解をしっかり進めるにあたり、こういう形になった」と説明。そのうえで「パブリックコメントで広く意見をいただき、(3月中の公示までに)しっかり判断したい」と述べた。(水沢健一)(以上(朝日デジタル2017年3月10日08時47分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK396257K39UTIL04T.html

 歴史教科書で「聖徳太子」を「厩戸王」にする議論が行われた。
 趣味の歴史学者からすれば、「聖徳太子」は滅後100年ぐらい経ってからの称号だからという屁理屈らしいが、それならば、今まで「聖徳太子」で習ってきた者の知識を否定することだ。その屁理屈から言えば、例えば、聖武天皇の奈良の大仏建立にしても、聖武天皇存命時に行われたことだから、「今上天皇」で正解と言うことになる。要するに、「聖武天皇」の称号は、滅後につけられたのだから、聖武天皇ではおかしくなるのだ。それならば、聖武天皇に限らず、天皇陛下が生前にやった業績については、誰がやったかという答は全て、「今上天皇」で正解になるはずだ。文科相の松野博一が「古代史への理解をしっかり進めるにあたり、こういう形になった」とほざいているが、聖徳太子を厩戸王と替えなければならないだけの理由なのだろうか?厩戸王の謂われは、聖徳太子が馬小屋生まれたから、という逸話は広く知られていることであり、これで十分なはずだ。
 聖徳太子は、聖徳太子で十分だ。お札で聖徳太子の肖像がの復活を求める声も大きいが札に「厩戸王」と書かれていると価値が無いように思うのは私だけだろうか?(No.5091)

|

« 仮免の試験を課せば高齢者 | トップページ | 稲田氏が正しいから蓮舫の違和感 »

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64994635

この記事へのトラックバック一覧です: 聖徳太子で何が悪いか分からない:

« 仮免の試験を課せば高齢者 | トップページ | 稲田氏が正しいから蓮舫の違和感 »