« 政治家に信用されていない記者 | トップページ | どうやって証拠盗ったかなど言わぬ »

塩崎の趣味で罰金取るタバコ

喫煙者に30万円過料も…受動喫煙対策の原案
 厚生労働省は1日、非喫煙者がたばこの煙を吸い込む受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案の原案を公表した。
 違反者には都道府県知事らが勧告や命令を出し、従わない場合は、喫煙者に最大30万円、施設管理者に同50万円の過料を科す。
 原案は、医療機関や小中学校は敷地内、大学や官公庁などは建物内をそれぞれ禁煙とし、喫煙室の設置は認めない。居酒屋やレストランなどの飲食店では、喫煙室での喫煙は認める。一方、旅館やホテル、老人福祉施設の個室、シガーバー、小規模なバーやスナックでは喫煙を認める。
 たばこの葉を電気で温めて蒸気を吸う「加熱たばこ」は、健康被害が明らかになれば規制対象に加える。
 改正案は、2019年9月に開幕するラグビーワールドカップまでに施行する。(以上(読売新聞2017年03月01日20時00分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170301-OYT1T50099.html

 嫌煙の亡者・塩崎恭久の意向を受けて厚労省が、健康増進法改正案の原案を公表した。
 その中に医療機関や小学校は敷地内禁煙とあるが、医療機関によっては喫煙させた方が管理上安全な場合もあると反論があるが、嫌煙の亡者・塩崎恭久の意向は揺るぎないものだ。また、「大学や官公庁などは建物内をそれぞれ禁煙として、喫煙室の設置は認めない」とほざいているが、それならば、どこで吸えば良いのか!喫煙室も今の分煙で設置されているのも撤去して、塩崎恭久の趣味に合わせたいのだろうか!塩崎恭久がほざいている受動喫煙というのならば、喫煙室で分煙すれば良いではないか!単なる塩崎恭久の趣味の範囲であり、理解に苦しむ。タバコ税は搾取して吸えなくするのでは無く、分煙社会こそが受動喫煙の防止になるのではないか。(No.5083)

|

« 政治家に信用されていない記者 | トップページ | どうやって証拠盗ったかなど言わぬ »

健康」カテゴリの記事

塩崎恭久」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64959907

この記事へのトラックバック一覧です: 塩崎の趣味で罰金取るタバコ:

« 政治家に信用されていない記者 | トップページ | どうやって証拠盗ったかなど言わぬ »