« 真実を言う訳がない左巻き | トップページ | 資質欠けても首にはならぬのが教師 »

犯罪もプライバシーと裁判所

令状なしGPS捜査「違法」…最高裁が初判断
 裁判所の令状なしに、捜査対象者の車に全地球測位システム(GPS)の端末を取り付けた捜査手法の是非が争われた刑事裁判の上告審で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は15日、「違法」とする判決を言い渡した。
 GPS捜査について「プライバシーを侵害し、公権力による私的領域への侵入を伴う」とし、令状が必要な強制捜査にあたるとの初判断を示した。その一方、現行法では極めて例外的なケース以外は令状取得は認められないとし、新たな立法措置を促した。判決を受け、警察庁は全国の警察本部にGPS捜査を控えるよう通達した。
 15人の裁判官全員一致の意見。うち3人は補足意見で「法制化までの間、重大犯罪などでのGPS捜査が全く否定されるべきではない」と述べたが、判決は令状取得を事実上、困難にする内容で、通信傍受法のように捜査手続きを定めた法律が成立しない限り、GPSは使えなくなる。組織窃盗などで多大な効果を上げてきた捜査手法は大きく制約されそうだ。(以上(読売新聞2017年03月15日21時46分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170315-OYT1T50099.html

 最高裁が令状無しのGPS捜査は違法と判断した。その理由として「プライバシーを侵害」を上げているが、犯罪は憲法の認める自由に含まれるのだろうか?
 年々、悪質巧妙化している犯罪に対して、一網打尽にするにはGPS捜査が必要だと思う。しかし、最高裁としては、犯罪もプライバシーの一部らしい。やましいことをしなければ、良いと思うのだが。最近は、プライバシーが犯罪の隠れ蓑にすらなっていると感じる。こいつがおかしいことをやっていると感じても、その証拠を集めようとすれば、本人の了承がいるとか、プライバシーに当たるから公表できないと役所も逃げている。それゆえに、刑事告訴をしても、警察は捜査をするのが面倒だから証拠不十分で告訴状も受理されないのだ。
 プライバシーに犯罪を行う自由を認めて良いのだろうか?(No.5097)

|

« 真実を言う訳がない左巻き | トップページ | 資質欠けても首にはならぬのが教師 »

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65021649

この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪もプライバシーと裁判所:

« 真実を言う訳がない左巻き | トップページ | 資質欠けても首にはならぬのが教師 »