« 塩崎の趣味で罰金取るタバコ | トップページ | 外務省見習ってくれマレーシア »

どうやって証拠盗ったかなど言わぬ

安倍晋三首相「ないものを証明するのは『悪魔の証明』だ! 調べようがない」
 『学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題で、共産党が1日の参院予算委員会で“爆弾質問”を炸裂させた。小池晃書記局長が、学園側が自民党国会議員に便宜を図るよう求めた記録が存在すると主張し、安倍晋三首相を追及したのだ。詳報は以下の通り。

 小池氏「私どもは、ある自民党国会議員事務所の面談記録を入手しました。そこには、森友学園側と(売却に関わった)近畿財務局や大阪航空局とのやり取りが克明に記録されている。記録は、2013(平成25)年8月5日から始まります。一部紹介します」
 《小池氏が読み上げ始めた「面談記録」には、のっけから森友学園の籠池泰典理事長の名前が登場した》
 小池氏「『8月5日、籠池氏が来訪。塚本幼稚園が小学校設立希望の件、豊中市の国有地借地を希望。近畿財務局より学校の場合は購入のみと回答あり。ついては、8年間は借地にて、その後購入とできないか』。その後、8月21日、27日、30日、9月9日と籠池氏からの報告が続いて、『9月13日、籠池氏から相談あり』」
 《小池氏はやがて、具体的な働きかけの場面に言及した》
 小池氏「10月12日には籠池理事長夫妻が来訪している。『上から政治力で早く結論が得られるようにお願いをしたい』『土地価格の評価額を低くしてもらいたい』。2014(平成26)年1月31日には、籠池氏が来訪してこう言う。『小学校用地の件、近畿財務局と前向きに交渉中』」』(以上(産経ニュース2017.3.1 22:28)より部分引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170301/plt1703010032-n1.html

 共産党が出元を明かさずに自民党議員の面談記録と宣う証拠を使って国会で追及した。
 しかし、ある自民党議員というだけで出元を明らかにしないということは、不法行為によって共産党が盗ったとしか考えられない。自民党議員が面談記録を共産党などに渡すはずがないのだ。共産党は、防衛省の内部資料を暴露したこともあるが、どのようにしてその資料を手に入れたのか全く明らかにしていない。刑事事件でも不法に入手した証拠は証拠能力がないのだが、誰も共産党がどのようにして資料を入手したのかと聞き返さない。共産党=犯罪組織とみなされても仕方のないことだ。
 共産党はこのように非合法に情報を入手するから、共謀罪に反対しているのだろう。(No.5083-2)

|

« 塩崎の趣味で罰金取るタバコ | トップページ | 外務省見習ってくれマレーシア »

共産党」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64959940

この記事へのトラックバック一覧です: どうやって証拠盗ったかなど言わぬ:

« 塩崎の趣味で罰金取るタバコ | トップページ | 外務省見習ってくれマレーシア »