« 辺野古が出来るまで刑務所に入れておく | トップページ | 屁理屈で逃げる小池の面の皮 »

菅災の責任出した裁判所

原発避難訴訟、国と東電に賠償命じる…前橋地裁
 東京電力福島第一原発事故で、福島県から群馬県に避難した住民ら計45世帯137人が、国と東電を相手取り、慰謝料など総額約15億円の損害賠償を求めた訴訟で、前橋地裁は17日、国と東電に対し、原告のうち62人に計3855万円の支払いを命じる判決を言い渡した。
 原発事故を巡って、国の責任を認める判決は初めて。
 原道子裁判長は、東電が巨大津波の到来を予見できていたのに適切な津波対策を行っていなかったと指摘。国も東電に回避措置を取らせるべきだったとし、両者がこれらの対応を怠ったために事故が起き、原告らの平穏生活権が侵害されたと認定した。
 前橋地裁の原告は避難指示区域内の25世帯76人、区域外から自主避難するなどした20世帯61人。「ふるさとや仕事を失うなど、甚大な精神的苦痛を受けた」として、慰謝料など一律1100万円の賠償を求めていた。(以上(読売新聞2017年03月17日15時45分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170317-OYT1T50130.html
 前橋地裁が、原発菅災の賠償を東京電力と国に支払いを命じる判決を出した。
 歩く国賊・菅直人が原発菅災の被害を広めたと最高裁が認めた原発菅災の東京電力と国の責任を認めた今回の判決は素晴らしいものだ。歩く国賊・菅直人が決めた菅災の補償スキームなど、そもそもの加害者である東京電力が、被害者に必要書類を集めることをさせて、面倒な申請書を書かせた上で、加害者が算定するという、歩く国賊・菅直人ならではの本末転倒した内容だった。これで、全国で行われている原発菅災の賠償請求訴訟ももっと加速することだろう。
 裁判所は、もう一歩踏み込んで、国の責任の中で占める歩く国賊・菅直人の責任を明確にして、菅直人の個人補償させるところまでやって欲しかった。(No.5098-3)

|

« 辺野古が出来るまで刑務所に入れておく | トップページ | 屁理屈で逃げる小池の面の皮 »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

電力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65027681

この記事へのトラックバック一覧です: 菅災の責任出した裁判所:

« 辺野古が出来るまで刑務所に入れておく | トップページ | 屁理屈で逃げる小池の面の皮 »