« 真実はテレビを見ても分からない | トップページ | 音楽の首を絞めてる著作権 »

米軍に轢かれた少女慰安婦に

「慰安婦像」に呼称統一へ=外務省
 外務省幹部は1日、ソウルの日本大使館前や釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦を象徴する少女像の呼称について、「慰安婦像」に統一する方向で調整していることを明らかにした。自民党から「少女が慰安婦として犠牲になったと思われる」などとして、少女像との呼び方を避けるよう求める意見が出ていたことを踏まえた。
 慰安婦問題に関する2015年12月の日韓両政府の合意では「少女像」の呼称を使用。岸田文雄外相ら政府要人もこれまで、記者会見などで「慰安婦の少女像」と言及している。(以上(時事ドットコム2017/02/01-21:45)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020100866&g=pol

 外務省が南朝鮮の高級売春婦像を「慰安婦像」と統一するとしたが、この少女は米軍に轢き殺された少女だが、米国では金にならないから慰安婦にされたのが事実だ。
 やっと、外務省が事実を使うようになったのは進歩だ。しかし、ツイッター情報によれば、この少女は朝鮮戦争時に米軍の車に轢かれて死んだ少女がモデルであり、高給売春婦とは全く関係ない少女だ。ただ、南朝鮮がアメリカに日本と同じようなことをしても相手にされないから、金になる日本をターゲットにして慰安婦にでっち上げたのだ。それをアシストしたのが大誤報を長年放置したアカヒ新聞と福島瑞穂だ。
 そして、「慰安婦像」と統一した後、マスゴミがどのような呼称を使うかで、踏み絵にもできる。多分、汚鮮された民放では「少女像」のまま報道するだろう。(No.5079)

|

« 真実はテレビを見ても分からない | トップページ | 音楽の首を絞めてる著作権 »

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64840638

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍に轢かれた少女慰安婦に:

« 真実はテレビを見ても分からない | トップページ | 音楽の首を絞めてる著作権 »