« 言いました努力したでは済まされぬ | トップページ | 法案が出てから議論すればよし »

議事録は他党は書けという民進

民進・野田氏「陛下のお気持ち忖度しないのおかしい」
■野田佳彦・民進党幹事長
 (天皇陛下の退位について)これから各党の全体会議をやっていただき、お互いの考え、疑問をぶつけあいながら、一つの成案をつくっていく努力をしなければいけない。皇室典範を改正することで、ご存命のときでも退位することができる制度に踏み切っていかなければいけない。ただ、一代限りの特別の法律だけを作ろうという党もある。この隔たりはまだ少し、大きい。隔たりをどう埋めていくか。知恵を出していかなければいけない。
 それだけで終わってはいけない。女性宮家の創設なども、いつまでにどうするかというスケジュール感も検討課題として入れていかなければいけない。
 (天皇陛下は)全身全霊でお務めをされてきた。そのお気持ちをまったく忖度(そんたく)しないのはおかしい。(お気持ちを忖度しすぎると、「国政に関する権能を有しない」とする憲法4条違反にあたるのではないか、との指摘は)違う。忖度しなかったら、特別法だってつくらないわけだ。議事録が残る形で、衆参正副議長のもとで議論していきたい。(文化放送の番組で)(以上(朝日デジタル2017年2月23日12時12分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASK2R3S6XK2RUTFK001.html

 民進党の野田豚が、天皇陛下の譲位に対して、「議事録が残る形で、衆参正副議長のもとで議論していきたい」とほざいた。
 今上天皇陛下のお体を考えれば、まず、特措法で今上天皇陛下だけでも譲位できるようにした上で、じっくり、皇室典範の改正に取り組めば良いのだ。それを陛下の譲位だけでなく女性宮家、女性天皇まで民進党が含めようと企んでいるからおかしくなるのだ。しかし、野田豚は「女性宮家の創設なども、いつまでにどうするかというスケジュール感も検討課題」とほざいているのは、頭がいかれている証拠だ。さらに、歩く国賊・菅直人政権時代、原発菅災の議事録が全く作られていなかったのだが、その反省なのだろうか、議事録を残してとほざいている。議事録さえあれば、歩く国賊・菅直人が安倍総理を民事告訴した件も議事録を見れば分かったのだが!
 議事録を残すのであれば、民進党議員は自分がほざいたことに対して永久に責任を持つべきだ。(No.5077)

|

« 言いました努力したでは済まされぬ | トップページ | 法案が出てから議論すればよし »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

皇室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64933956

この記事へのトラックバック一覧です: 議事録は他党は書けという民進:

« 言いました努力したでは済まされぬ | トップページ | 法案が出てから議論すればよし »