« 犯人の権利ばかりが守られる | トップページ | 中国の発表だけを書くメディア »

山井のヤジに浜田が怒る

「外野、うるさいよ!」 国対委員長なのに国会論戦の最前線に乗り込みヤジ…民進・山井和則氏に浜田靖一委員長が一喝
 衆院予算委員会で9日、浜田靖一委員長(自民)が、民進党の国会運営の司令塔自ら現場の衆院第1委員室に乗り込み、ヤジを飛ばす山井和則国対委員長に「外野、うるさいよ!」と一喝する一幕があった。
 騒動は、民進党の後藤祐一氏が、稲田朋美防衛相に対し自衛隊が国連平和維持活動(PKO)に携わる南スーダンでの出来事を表現する言葉遣いをめぐるやり取りの中で起きた。「法的な意味での戦闘行為はなかった」と繰り返す稲田氏に対し、後藤氏は「戦闘だと日報に書いてある」などと追及。論戦は堂々巡りとなる中、浜田氏の怒声が響いた。
 「外野、うるさいよ。何言ってんだよ、そこで」
 怒りの矛先は傍聴席で声を荒げていた山井氏。「答えていないじゃないか」とヤジで反論する山井氏に対し、しびれを切らした自民党の菅原一秀理事も「国対委員長じゃないの、アナタ?」「社長が現場監督をやってどうするんだ」などと自重を促した。
 さらに、協議するために委員長席に押し掛けた民進党の長妻昭理事に、菅原氏は「あなたの上司だろ?」と対応を迫ったが、長妻氏は山井氏を擁護せず、黙ってしまったという。
 「ヤジは国会の華」と言われるが、国会論戦の最前線に参戦する“監督兼ヤジ将軍”への風当たりは強いようだ。(以上(産経ニュース2017.2.9 23:38)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170209/plt1702090040-n1.html

 参議院予算委員会で、ヤジで歳費を盗っている山井和則に対して浜田靖一委員長が一喝した。
 自分の立場を弁えない、本当に民進党という政党の品格を疑う案件だ。山井和則は国対委員長という肩書なのに国会運営の邪魔をするというのだから、国会には不要の政治屋だ。また、自民党の菅原一秀理事も「国対委員長じゃないの、アナタ?」「社長が現場監督をやってどうするんだ」と発言しているが、民進党議員とはこの程度の輩の集まりなのだ。
 民進党は大臣の辞任要求を突きつけているが、有権者からは、山井和則の議員辞職を要求したい。(No.5063-3)

|

« 犯人の権利ばかりが守られる | トップページ | 中国の発表だけを書くメディア »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64875642

この記事へのトラックバック一覧です: 山井のヤジに浜田が怒る:

« 犯人の権利ばかりが守られる | トップページ | 中国の発表だけを書くメディア »