« 音楽の首を絞めてる著作権 | トップページ | 朝鮮人来なきゃ儲かるアパホテル »

マツダなど相手にされちゃいないはず

好調マツダに「トランプの壁」 メキシコ工場、標的懸念
 ヒット車が続き好調だったマツダの成長に、トランプ米大統領が立ちはだかっている。米国市場は「稼ぎ頭」だが、ほかの日系自動車メーカーに比べて輸出の比率が高い。米国向けの拠点として拡大しているメキシコ工場も標的になりかねず、戸惑っている。
 「一難去ってまた一難。心配して見守っている」
 1日、あるマツダの幹部がつぶやいた。トランプ氏は前日、日本が貿易を有利にするために「円安誘導」を行っていると批判した。
 1日の株式市場では、マツダの株価(終値)は29円安となり、ほかの日系メーカーと比べても目立つ下落となった。トランプ氏がトヨタ自動車をツイッターで攻撃した1月5日以降でみると15・6%の下落と、際立っている。
 バブル崩壊やリーマン・ショックなどで、マツダは過去に何度も危機に陥ってきた。だが、2010年以降、デザインを一新しブランド力を高める取り組みを始めた。すると、燃費性能の高いエンジンを搭載したスポーツ用多目的車(SUV)「CX―5」や、小型車デミオなどのヒットを連発した。
 円安の追い風もあって業績は急回復し、昨年9月末時点で、手元の現預金などが借金を上回る「実質無借金」の状態まで、財務体質が改善した。
 この勢いで2日には、日本でCX―5の新型車を発売し、世界での販売を年5万台ペースで増やす成長を描いていた。(以上(朝日デジタル2017年2月2日12時40分)
http://www.asahi.com/articles/ASK210GPYK10PLFA010.html

 マツダがトランプ大統領の標的にならないかと戦々恐々としているそうだ。
 トランプ大統領はツイッターでトヨタについては、つぶやいているがマツダなど眼中にないだろう。何と言っても、トヨタとは二桁近く違うのだから。しかし、朝鮮人のようなマツダの自意識過剰というのも笑える。単に、事業戦略が間違っているだけの話なのだ。まあ、調子が悪くなれば、地元の自治体に車を売りつけてその場凌ぎをするマツダだから、どうしようもないのだが、地元の府中町は決してマツダの救済には動かず、広島市や広島県がマツダのボロ車を高い金額で買うだけだ。それも、他に安い車があっても、職員がマツダのボロ車の運転に慣れているから、高い車を買うという広島市や県はありがたい存在なのだ。さらには、量産していないEV車も広島市にベンツが買えるほどのリース料で借りて貰って、走行データはタダで貰うという姑息な商売が上手なのだ。
 マツダは、世界戦略以前にガソリン車に拘ってEV車は他社から技術を買うという戦略自体、人の褌で相撲を取るという糞会社だ。(No.5079-3)

|

« 音楽の首を絞めてる著作権 | トップページ | 朝鮮人来なきゃ儲かるアパホテル »

トランプ氏」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64841936

この記事へのトラックバック一覧です: マツダなど相手にされちゃいないはず:

« 音楽の首を絞めてる著作権 | トップページ | 朝鮮人来なきゃ儲かるアパホテル »