« 外務省日本公使も連れ戻せ | トップページ | 民進党何をやっても正当化 »

愛煙家癌で死ぬとは限らない

喫煙と肺がん「そんな関係あんの?」愛煙家・麻生氏発言
 麻生太郎財務相は21日の衆院財務金融委員会で、喫煙者が減っていることについて触れるなかで、「肺がん(の患者数)は間違いなく増えた。たばこってそんな関係あんのって色んな人に聞くんです」と述べた。日本維新の会の丸山穂高衆院議員の質問に答えた。
 麻生氏は愛煙家として知られ、喫煙と肺がんの因果関係に疑問を示した形だ。さらに電子たばこについて「国会で吸えるよう提案してみてはどうか。イライラがずいぶん収まって、激論もちょっとは減るんじゃないか」とも語った。
 国立がん研究センターなどの研究班によると、喫煙者が肺がんになる可能性は、男性では非喫煙者の4・4倍、女性では2・8倍高い。厚生労働省の専門家会議が昨夏まとめた「たばこ白書」は、「科学的根拠は因果関係を推定するのに十分」としている。(以上(朝日デジタル2017年2月22日00時20分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASK2P5TR7K2PULFA023.html
 麻生太郎が、衆院財務金融委員会で、タバコと肺がんの因果関係を述べた。
 厚労省は、厚労相の塩崎恭久が個人的に嫌煙家だから愛煙家を目の敵にしているが、国の財政で考えれば、タバコは嗜好品として売って、高いたばこ税を掛けているということには全く無関心だ。私も禁煙学会の理事にツイッターで「喫煙者が減っているのに肺がん患者が増えるのはなぜか?」と聞いたら、そいつは「疫学的云々」とほざいていただけだった。問い詰めると「ツイッターはつぶやきだ」と嘯いた。禁煙学会も、構成員は禁煙外来の医者とかで、日本でたばこ販売が禁止になったら困る輩の集まりのようだった。
 まあ、学者は癌になると発表すれば注目を集めるのだから、どうしようもない趣味の輩なのだ!(No.5075-4)

|

« 外務省日本公使も連れ戻せ | トップページ | 民進党何をやっても正当化 »

健康」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64926818

この記事へのトラックバック一覧です: 愛煙家癌で死ぬとは限らない:

« 外務省日本公使も連れ戻せ | トップページ | 民進党何をやっても正当化 »