« 失敗の翁長を賞める偏向紙 | トップページ | 発言が内政干渉とも知らず »

日本語が民進党に通じない

テロ準備罪法案で法務省が異例の文書配布 国会未提出に配慮求め 民進反発、金田勝年法相の辞任要求
 「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案をめぐり、国会審議が泥沼の様相を呈している。民進党は未提出法案であることを逆手に取り、衆院予算委員会の質疑で金田勝年法相に「答えられない」と答弁させる戦術を徹底。これを受けて法務省が、金田氏の答弁は「未提出」に配慮していると説明する異例の文書を報道機関に配布したことに民進党が猛反発し、辞任要求も辞さない構えだ。
 法務省は6日夕に報道機関に配布した文書で、組織犯罪処罰法改正案の質疑は「以下の点に配慮すべきである」としたうえで、(1)現在、提出を検討している政府提出法案(2)法案は現在検討中で、与党協議でも了解を得ておらず、関係省庁とも調整中-などと明記。
 このため、法案が出来上がった後で「専門的知識を有し、法案作成の責任者である(同省)刑事局長も加わって充実した議論を行うことが、審議の実を高め、国民の利益にもかなう」と報道機関に説明している。
 金田氏はこれまで同じ趣旨の答弁をしているが、文書を入手した民進党の山井和則国対委員長は6日夜、野党への注文と受け止め、「国会での質問封じだ。金田氏の辞任要求をせざるを得なくなるかもしれない」と記者団に述べた。
 民進党は6日の衆院予算委の審議に同省の林真琴刑事局長は呼ばず、金田氏に質問を集中させた。
 山尾志桜里氏「共謀罪の必要性はどこにあるか」
 金田氏「成案が出た段階で法務委員会でしっかり議論してもらいたい」
 山尾氏「ダメです! 質問に答えていない!」
金田氏に法律論をぶつけ、答えに詰まらせる戦術も目立ち、浜田靖一委員長(自民)が金田氏に「もう時間なので簡潔に」と促す場面もあった。
 民進党の野田佳彦幹事長は6日の記者会見で「いい加減な答弁を見ていると、ますます不安が募る」と批判。逆に同日の政府与党連絡会議では、自民党の竹下亘国対委員長が「出てもいない法案の議論ばかりしている」と野党を批判したが、政府関係者は「法務省がこんな文書を出したとは知らなかった」と混乱ぶりを嘆いた。(以上(産経ニュース2017.2.6 23:37)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170206/plt1702060045-n1.html

 民進党が未提出である「テロ等準備罪」を質問して、法相が答えられないと訳の分からないことをほざいている。
 予算委員会であろうとも、未提出の法案の内容を議論するということがおかしいとも気付かないのが民進党レベルだ。何と言っても、脛に傷ある民進党としてはどのような法案なのか、自党は適用されるのかと心配で堪らないのだろう。また、どのような内容になりそうなのか、民進党が本気で聞きたければ、林真琴刑事局長を審議に呼べば良いのだが、ガソリーヌ山尾はまともな質疑が出来ないから、法相に質問を集中させて時間つぶしをやっているに過ぎないのだ。ガソリーヌ山尾の「ダメです! 質問に答えていない!」は、そのまま山尾のガソリン疑惑にお返ししたい。
 民進党は帰化議員も多く含んでいるから、日本語がまともに通じないのだろう。民進党議員はまず、日本語を勉強するべきだ。(No.5060)

|

« 失敗の翁長を賞める偏向紙 | トップページ | 発言が内政干渉とも知らず »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64862231

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語が民進党に通じない:

« 失敗の翁長を賞める偏向紙 | トップページ | 発言が内政干渉とも知らず »