« 区長選悪い自民を駆逐する | トップページ | 失敗の翁長を賞める偏向紙 »

蓮舫に三行半の小池知事

小池氏・蓮舫氏、連携決別 「一緒に都議選を戦うことはできない」小池氏側近
 今年夏の東京都議会選挙(6月23日告示、7月2日投開票)を見据えて、連携を模索していた小池百合子都知事と、蓮舫代表率いる民進党との交渉が決裂した。民進党東京都連は最近、小池氏の応援団を表明したばかりだが、計算は完全に狂ったようだ。
 「民進党東京都連と交渉を進めていたが、もう終わりだ。現在の民進党会派は『都議会自民党の補完勢力』に過ぎない。一緒に都議選を戦うことはできない」
 小池氏側近は、こう断言した。
 この側近によると、昨年末から断続的に接触していたが、「決められない民進党」に業を煮やし、交渉を打ち切ったという。小池氏側が強気の擁立方針で、折り合わなかったとの情報もある。
 小池氏自身も3日午後の記者会見で「単にその場の選挙ということではない。民進党さん、そっくりということについては、明確に申し上げると、まったく考えていない」と言い切った。
 蓮舫氏はこれまで、小池都政について「協力できる。むしろ都政の政治課題は私たちが追い求めてきた行革であったり、女性の支援であったり、育児支援であったりする。あるいは教育の支援。同じだ」と絶賛し、秋波を送り続けていた。
 ただ、都議会公明党が昨年末、電撃的に都議会自民党と決別したのとは対称的に、民進党は存在感がなかった。小池氏と、「都議会のドン」こと内田茂都議率いる都議会自民党との間に埋没していた。
 沈没寸前の船から、民進党公認候補の内定者が逃げ出した。増子博樹、伊藤悠、熊木美奈子の3元都議が民進党都連に離党届を提出したのだ。小池氏が立ち上げた政治団体からの出馬を目指すとみられる。
 民進党都連は追い込まれ、小池氏への抱きつき作戦を決行した。
 都議会民進党の尾崎大介幹事長は1月31日に記者会見を開き、豊洲新市場の移転問題について、石原慎太郎元知事の責任を明らかにするとして、2月の定例会で百条委員会の設置を提案するとブチ上げたのだ。そして、尾崎氏は一方的に「知事与党」を宣言した。
 民進党都連会長の松原仁衆院議員も「小池氏の半年間の行動には大変共鳴する。小池さんは同じ方向を向いて『東京大改革』をしていると思っている」と語った。
 残念だが、こうした思いは届かなかった。蓮舫氏が「二重国籍」問題を引きずり続けていることも、響いたのか。
 ある民進党幹部は「このままだと都議選は、日本維新の会や自民党の間で埋もれて、壊滅した大阪の民進党の二の舞いだ。都議選で負けるのは都議会自民党ではなく、われわれかもしれない」と沈痛に語った。(以上ZAKZAK2017.02.06)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170206/plt1702060830002-n1.htm

 東京都議選を睨んで、違法人・蓮舫が小池都知事に秋波を送っていたが、見事に振られたそうだ。
 何と言っても、民進党と選挙協力をしても小池知事には何のメリットも無いし、既に、民進党を見限って小池塾に逃げ込んでいる民進党都議もいると言うのだから、民進党が目論んだ違法人・蓮舫の人気で選挙を乗り切るなど無駄な話だ。民進党都議連は、豊洲新市場の移転問題で、一方的ににわか「知事与党」と宣ったが、相手にされなかったのだ。
 民進党の進む道は唯一つ!日本の政界から消えることだ。(No.5083-2)

|

« 区長選悪い自民を駆逐する | トップページ | 失敗の翁長を賞める偏向紙 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64858919

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮舫に三行半の小池知事:

« 区長選悪い自民を駆逐する | トップページ | 失敗の翁長を賞める偏向紙 »