« 嘘に嘘継いで朝日の論破綻 | トップページ | 潘基文立場変われば変節す »

反対派逮捕せぬから無駄な金

辺野古移設反対派の妨害阻止へ切り札、新装備を設置 外周包囲後に海底調査を再開
 防衛省は14日、米軍普天間飛行場=沖縄県宜野湾(ぎのわん)市=の名護市辺野古移設で、移設反対派の妨害阻止の切り札となる新装備を辺野古沖に設置する作業を始めた。新装備は工事海域として立ち入りを禁じている臨時制限区域(561・8ヘクタール)の外周を囲むように設置。その後、大型の掘削用作業船を投入し、中断している海底ボーリング調査を再開する。
 新装備は、昨年3月の国と沖縄県の和解で工事が中断している間に開発した。辺野古沖に設置するフロート(浮具)に支柱を立てて、支柱伝いに海面の水平方向にロープを張り巡らすもので、反対派が船やカヌーで侵入するのを防ぐ。
 工事の中断前、反対派は再三にわたりフロートなどを乗り越えて臨時制限区域に侵入し、移設作業を妨害。排除する海上保安庁も難しい対処を迫られていたため、制限区域に侵入させない対策が必要だった。(以上(産経ニュース2017.1.14 23:18)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170114/plt1701140023-n1.html

 辺野古移転で、反対派の妨害阻止のために新装備を投入して工事を進めるそうだ。
 しかし、立ち入り禁止区域に入ってきた反対派を片っ端から逮捕していけば済む話で、新装備に無駄なカネを使うという発想がおかしい。なぜ、沖縄県警や海上保安庁は、立ち入り禁止区域に立ち入った翁長雄志シンパを逮捕出来ないのか?(No.5062)

|

« 嘘に嘘継いで朝日の論破綻 | トップページ | 潘基文立場変われば変節す »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64765339

この記事へのトラックバック一覧です: 反対派逮捕せぬから無駄な金:

« 嘘に嘘継いで朝日の論破綻 | トップページ | 潘基文立場変われば変節す »