« もう一年邪魔をするぞと言う翁長 | トップページ | 韓国に車売るから絡まれる »

訪米と翁長雄志がまだ懲りぬ

翁長知事、今月下旬にも訪米 辺野古の民意、次期政権に訴え
 翁長雄志知事は名護市辺野古の新基地建設を阻止する意思を直接示すため、今月下旬にも訪米する方向で調整に入った。20日にはトランプ次期米政権が発足するため、米国防総省、米国務省の次官補級担当幹部の指名など、対外基地政策の体制固めをする前に県側の立場を伝え、米軍普天間飛行場返還・移設問題で「辺野古が唯一」とする日米両政府の姿勢を転換させたい考え。
 辺野古新基地建設問題に絡む翁長知事の訪米は2016年5月以来3度目。トランプ次期大統領の就任に合わせて早期に訪米して沖縄の民意や政治状況を伝えるため、過去2回の訪米行動からの「仕切り直し」をする形で新政権にアプローチする。
 今回の訪米行動では米政府に発言力を持つ有識者らを交えたシンポジウムなどを開催することも計画している。
 安倍晋三政権が昨年12月27日に新基地建設工事を再開し、辺野古移設が日米両政府の「既定路線」として次期政権にも引き継がれようとする中、政府当局者以外の政権周辺にも働き掛け、米側に再考を促す。(以上(琉球新報2017年1月3日07:30)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-421287.html

 翁長雄志が懲りもせずに米国に遊びに行くと偏向新聞・琉球新報が報じた。
 翁長雄志はオバマ大統領に相手にされなかったことに懲りずに、トランプ新大統領になれば会って貰える位に考えているのだろう。沖縄県は翁長雄志の趣味のために税金を使って駐米沖縄事務所を作ったが、カネは垂れ流しても何の成果もない。それは、日本の一県が外交問題に口を出すなというアメリカのサインなのだが、それすら気付かず、結局はアメリカに公費を使って遊びに行くだけなのだ。結局、翁長雄志の趣味に費やされる公費も回り回れば、国からの振興費なのだから、開いた口が塞がらない。
 翁長雄志は今年一年無い頭を絞って辺野古移設の邪魔をする気らしいが、普天間基地の危険は国が悪いで済ませているのだ。(No.5050)

|

« もう一年邪魔をするぞと言う翁長 | トップページ | 韓国に車売るから絡まれる »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64713661

この記事へのトラックバック一覧です: 訪米と翁長雄志がまだ懲りぬ:

« もう一年邪魔をするぞと言う翁長 | トップページ | 韓国に車売るから絡まれる »