« 法よりも民意で決める裁判所 | トップページ | 生粋の媚韓議員です額賀 »

中学生以下の知能です細野

民進・細野豪志代表代行「天皇陛下は『国民』か」 衆院予算委のやり取り要旨
 『天皇陛下の譲位や皇室制度をめぐる26日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相と民進党の細野豪志代表代行との主なやりとりは以下の通り。
 細野氏「天皇陛下は、憲法上の『国民』に入るか入らないか。それにより導き出される方向性は大きく変わる」
 首相「憲法4条で(天皇は)国政に関する権能を有しないとされており、一票を投じられることも立候補されることももちろんない。一般の国民と異なり、一定の制約があるご存在だ」』(以上(産経ニュース2017.1.26 23:09)より部分引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170126/plt1701260045-n1.html

 民進・細野豪志が、天皇陛下は国民かと中学校で習う内容すら、国会で聞かなければならない学習障害者を露呈した。
 私は中学校の時に、皇族には戸籍がなく、皇統譜に書かれていると習ったが、民進党の代表代行ともあろう細野豪志にはそのような知識も欠如していることを自ら明かした。このような、学習障害者に高い税金を支払って国会議員などやってもらう必要など皆無だ。少なくとも、国会議員にはセンター試験のような選挙予備試験を受けさせて、7割以上の点を取らないと立候補できなくするべきだ。(No.5073-2)

|

« 法よりも民意で決める裁判所 | トップページ | 生粋の媚韓議員です額賀 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

皇室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64815294

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生以下の知能です細野:

« 法よりも民意で決める裁判所 | トップページ | 生粋の媚韓議員です額賀 »