« 斜陽ですだから野党にしがみつく | トップページ | 富市が謝罪もしない震災忌 »

元号は朝鮮人に無関係

「平和」「感永」「玉英」…どうなる新元号 ネットや識者の声を紹介、TV番組で大胆予想
 政府が天皇陛下から皇太子さまへの譲位を平成31年1月1日とし、同日から新元号とする方向で検討に入ったことを受け、民放テレビの情報番組が相次ぎ、新元号を巡る特集を放送した。市井の人や識者の声などを紹介するかたちで新元号の候補を挙げ、大胆予想を行っている。
 15日放送のTBS系情報バラエティー番組「アッコにおまかせ!」では、新元号予想についてネット上の5000件以上の「つぶやき」から、昭和と平成から1文字ずつを取った「平和」が最多だったと紹介。ほかに、「次」を意味する「超」をつけた「超平成」や、「明治や慶応もあるなら次は早稲田ではないか」とのネット上の声も取り上げ、出演者らの笑いを誘っていた。
 番組では平成の終わりが広げる波紋も話題に。名前の一部に「平成」が入っているアイドルグループ「Hey! Say! JUMP」やお笑いコンビの「平成ノブシコブシ」らを例に取り、和田アキ子ら出演者が「変えることはないでしょう」と口々に意見を述べる一幕もあった。
 12日放送のフジテレビ系情報番組「めざましテレビ」でも新元号を予想。「幸せに成る」という意味の「幸成(こうせい)」など街の声を流したうえで、識者の意見を披露した。
 番組にVTR出演した鈴木洋仁・東京大学特任助教(歴史社会学)は「永や和など、永く平和が続くようにとの願いを込めた文字が多く使われる。最近はよく使われる文字とそうでない文字を組み合わせることが多い」と指摘。「よく使われる『永』と一度も使われたことがない『感』をとった『感永(かんえい)』では。感受性を高め末永く平和が続くようにとの意味だ」と説明した。
 同じVTR出演した国文学研究資料館の相田満氏は「日本の輝く未来を願って『玉英(ぎょくえい)』と予想したい」と話していた。(WEB編集チーム)(以上(産経ニュース2017.1.16 11:48)より引用)
http://www.sankei.com/life/news/170116/lif1701160031-n1.html

 次の元号を不遜にも朝鮮人が司会をする「アッコにおまかせ!」が取り上げたが、朝鮮人にとやかく言われる筋合いはない。
 和田アキ子自体朝鮮人なのだから、とやかく日本の元号に口出しするなど身の程知らずも良い所だ。元号は、単なる漢字の組み合わせでないことも知らないお笑い芸人に取り扱われる筋の問題でもない。日本の元号は、中国の古典の中から、国の安寧を意味する言葉から選ばれるのだ。識者というが鈴木洋仁・東京大学特任助教もそのことを知らないのではないかという発言だ。
 元号は本当の識者が案を出して決めるのであって、朝鮮人の和田アキ子にとやかく言われる筋合いはない。(No.5063-3)

|

« 斜陽ですだから野党にしがみつく | トップページ | 富市が謝罪もしない震災忌 »

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

皇室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64771150

この記事へのトラックバック一覧です: 元号は朝鮮人に無関係:

« 斜陽ですだから野党にしがみつく | トップページ | 富市が謝罪もしない震災忌 »