« 子供がいないから親友が吊される | トップページ | 訪米と翁長雄志がまだ懲りぬ »

もう一年邪魔をするぞと言う翁長

首長選挙、天王山へ試金石 来年は知事、名護市長選
 2017年は1月22日の宮古島市長選、2月12日の浦添市長選、4月23日のうるま市長選と、県内11市のうち3市で立て続けに市長選が予定される。国政では、議員任期が折り返しを過ぎた衆院の解散・総選挙が年内に行われる可能性があり、県内4選挙区で現職が態勢を整える。18年には名護市長選や県内政局の天王山となる知事選が控える。今年の一連の選挙は来年の重要選挙の行方を占う試金石ともなる。
 2014年の県政交代で県内政局は一変したが、基地問題を中心に政権との対立軸や政党間協力の在り方など、選挙戦の勢力図や対決構図は定着しつつある。昨年12月、辺野古訴訟の最高裁判決で県側の敗訴が決まったが、翁長雄志知事は「辺野古新基地建設阻止」に向け政権との対決姿勢を一段と強めており、今後の選挙でも辺野古が重要争点となるのは間違いない。
 次期衆院選は県内4選挙区に現職計9人全員が出馬する見込みで、前回と同じ構図となりそうだ。
 14年12月の前回衆院選では、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する「オール沖縄」の立場を掲げる候補が県内4選挙区で全勝した。「オール沖縄」勢力は次期衆院選でも現職4人を擁立する構えで、政党や経済界、労組などを交え体制構築に向け協議を重ねている。
 前回選挙区で敗れ比例復活を果たした自民と維新の現職5人も雪辱に向け、支持者を集めたパーティーを開くなど引き締めを図っており「常在戦場」の構えで準備を進めている。
 一方、17年は3市のほか6町村で首長選、8市町村で議員選挙も実施される。中でも、翁長知事のお膝元でもある県都・那覇の市議選(7月9日)もあり、動向が注目されている。(以上(琉球新報2017年1月1日07:20)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-420583.html

 偏向新聞・琉球新報によると翁長雄志の任期は来年までで、もう一年は邪魔してやるということのようだ。
 沖縄県では、1、2、4月に市長選挙が立て続けに行われるとのことだが、これだと「オール沖縄」という左巻き連中が選挙のために住民票を移す作戦も中途半端に終わるだろう。何と言っても、住民票を移しても3か月は投票出来ないのだから!また、衆議院選も可能性があるが、沖縄県民は有権者の意思を放り出して、審議拒否、採決欠席する社民党や共産党候補に懲りずに投票する気だろうか?まともに政治のできない輩を集めて「オール沖縄」とはへそが茶を沸かすとしか言いようがない。
 国ものんびりしていないで、先手を打って翁長雄志に対しての損害賠償請求訴訟をすぐに起こすべきだ。(No.5049-3)

|

« 子供がいないから親友が吊される | トップページ | 訪米と翁長雄志がまだ懲りぬ »

共産党」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64710797

この記事へのトラックバック一覧です: もう一年邪魔をするぞと言う翁長:

« 子供がいないから親友が吊される | トップページ | 訪米と翁長雄志がまだ懲りぬ »