« 中国のための新聞です朝日 | トップページ | 嫌ならば泊まらなければ済む話 »

名指しせぬから報道も他人事

制限区域「立ち入りせぬよう」 防衛局、報道各社に申し入れ
 米軍普天間飛行場移設に伴う辺野古新基地建設に関し、沖縄防衛局は18日午後、沖縄県政記者クラブ加盟14社に対し、臨時制限区域に立ち入った場合の刑事特別法の罰則規定「一年以下の懲役または2千円以下の罰金もしくは科料に処される」を示した上で「許可なく立ち入ることのないようお願いする」と申し入れる報道室長名の文書をファクシミリで送った。
 沖縄防衛局報道室によると、米軍キャンプ・シュワブ沖の臨時制限区域に関し、報道社に申し入れするのは初めて。申し入れた理由として「報道関係者と思われる人が乗船した船舶が臨時制限区域に許可なく立ち入り、当局の警備業務受注者の警告に従わない事案が発生した」ためとしている。(以上(【琉球新報電子版】2017年1月18日15:02)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-429327.html

 沖縄防衛局が、報道各社に臨時制限区域に立ち入らないように申し入れをしたが、常習犯の新聞社を名指しすることはなかった。
 防衛局のこのような甘い対応が、偏向新聞・沖縄タイムスと琉球新報記者の行動をより過激なものにするのだ。公の場所で、「特に、沖縄タイムスと琉球新報記者」と明言してやることで、おバカな頭でも自分のことだと分かるのだ。この記事を見る限り、琉球新報記者が当事者だという認識は皆無だ。(No.5066-2)

|

« 中国のための新聞です朝日 | トップページ | 嫌ならば泊まらなければ済む話 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64782123

この記事へのトラックバック一覧です: 名指しせぬから報道も他人事:

« 中国のための新聞です朝日 | トップページ | 嫌ならば泊まらなければ済む話 »