« 国際法知らぬ韓国皆愚民 | トップページ | 嘘に嘘継いで朝日の論破綻 »

甘い措置韓国人を甘えさせ

駐韓大使帰任は17日以降=安倍首相帰国後に判断
 韓国・釜山の慰安婦少女像設置への対抗措置として一時帰国した長嶺安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事の帰任が17日以降になる見通しとなった。複数の政府・与党幹部が13日、明らかにした。アジア大洋州4カ国を歴訪中の安倍晋三首相が17日に帰国した後、岸田文雄外相らと協議して帰任時期を最終判断する。
 長嶺、森本両氏は9日に帰国。少女像撤去の見通しが立たず、対抗措置に韓国側が強く反発していることから、政府・与党内には長嶺氏らの日本滞在を長引かせても問題解決につながらないとの見方が強まっている。
 自民党の二階俊博幹事長は13日、杉山晋輔外務事務次官を党本部に呼び、説明を聴取した。この後、二階氏はTBSの番組収録で「短期間に解決することが第一目標だ。この事態を一日も早く解消して、友好に満ちた日韓関係をつくっていく努力が大事だ」と述べた。(以上(時事ドットコム2017/01/13-20:28)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011300837&g=pol

 複数の政府・与党患部が長嶺大使の帰任を17日以降にするとほざいているが、高給売春婦像に何も決着がついていない。
 それでも、大使を帰すということは、南朝鮮の愚民の意見に負けたと同義だ。まあ、与党患部には多くの媚韓議員もいるから、南朝鮮との関係が悪くなると売春接待にありつけないという個人的趣味が裏にあると考えても良かろう。南朝鮮が対抗措置に強く反発しているのならば、させておけば良いのだ。まず、話し合いで決着出来るような人間性を朝鮮人は持っていないのだから、大使を帰しても何のメリットも無いばかりか、南朝鮮の愚民を勢いづけるだけだ。やっぱり、売国奴二階俊博が短期間で解決などほざいているのだから、南朝鮮が高給売春婦像を撤去しない限り、大臣の帰任があってはならない。(No.5061-2)

|

« 国際法知らぬ韓国皆愚民 | トップページ | 嘘に嘘継いで朝日の論破綻 »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64761469

この記事へのトラックバック一覧です: 甘い措置韓国人を甘えさせ:

« 国際法知らぬ韓国皆愚民 | トップページ | 嘘に嘘継いで朝日の論破綻 »