« 潘基文がやっと国連から消える | トップページ | 違法行為を煽る沖縄の偏向紙 »

もう既に民進党は死んでいる

民進は「背水でなく水中」=与野党が仕事始め-野田氏
 与野党は4日、党本部などで仕事始めの会合を開き、幹部が新年に臨む決意を語った。民進党の野田佳彦幹事長は「われわれは背水の陣ではない。もう水中に沈んでいる。そこからどうやってよじ登っていくのか、という覚悟が問われる」と述べ、党勢拡大に全力を尽くすよう訴えた。
 野田氏は衆院解散時期について「通常国会の早い段階での可能性も残っている。その段階でなくても今年中の解散・総選挙は十分にあり得る」との見方を示した。
 公明党の山口那津男代表は、当面の地方選の日程に触れた上で「総仕上げとして、都議選に全力で臨みたい」と強調。衆院選についても「常在戦場の心構えで臨んでいかなければならない」と語った。
 共産党の志位和夫委員長は、民進党などとの野党共闘について「いつ、いかなる衆院解散にも対応できるよう準備を進める。本気の共闘の態勢をつくることができれば安倍政権を退陣に追い込むことは十分可能だ」と力説。社民党の吉田忠智党首も「野党がばらばらでは安倍政治の暴走を止めることはできない」と述べた。(以上(時事ドットコム2017/01/04-12:14)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017010400267&g=pol

 民進党の野田豚が仕事始の会合で「われわれは背水の陣ではない。もう水中に沈んでいる」とほざいた。
 民進党は昨年、起死回生の手段として、二重国籍の疑いのあった違法人・蓮舫を党代表に据えると言う暴挙に出た。しかし、政党支持率は御祝儀相場も無く低迷したままだ。まあ、これほど有権者をバカにした行為はないという認識すら無いのだから、バカに付ける薬はない。また、違法人・蓮舫の言動不一致は留まる所を知らず、「提案」とほざいたが、何一つとして国会で提案することもなく、社民党、共産党と一緒になって「何でも反対党」をやって来たのだ。糸魚川の大火被災地にわざわざ邪魔しに行って、被災者にガンを飛ばしていたのも蓮舫だ。
 民進党は自分たちが気付かないだけで、もう死んでいるのと一緒だ。まあ、共産党と仲良く中国のための政治をすれば良いのだ。(No.5051-2)

|

« 潘基文がやっと国連から消える | トップページ | 違法行為を煽る沖縄の偏向紙 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64719232

この記事へのトラックバック一覧です: もう既に民進党は死んでいる:

« 潘基文がやっと国連から消える | トップページ | 違法行為を煽る沖縄の偏向紙 »