« 名指しせぬから報道も他人事 | トップページ | 中韓のために心配する朝日 »

嫌ならば泊まらなければ済む話

新華社の女性記者らが新宿のアパホテルに潜入 「右翼思想宣伝に全力」と批判
 中国外務省が日本のアパホテルに対し、「南京大虐殺」や「慰安婦強制連行」などを否定する書籍を客室に備えたと批判している問題で、国営新華社通信は18日、女性を含む複数の記者を東京新宿区のアパホテルに派遣して“潜入取材”を行い、「実地調査、怒りの上にまた怒り」と題する映像ニュースを配信した。
 映像によれば、ホテルに入った記者らはまず、フロントに「右翼書籍」が販売されていることを“発見”した。その後、客室に入った女性記者は、「このような狭いに空間にもかからず、アパホテルは右翼思想の宣伝に全力を傾注している」と話しながら、テーブルの上に備えた鏡の処に備えた書籍「本当の日本の歴史」などを手に取り、「これはこのホテルのCEO(最高経営責任者)が書いた本だ。南京大虐殺と慰安婦を否定している」と説明した。
 その上で、書籍は日本語と英語で書かれていること強調し、「アパホテルはこのような形で日本国民と、世界各地からくる外国人観光客に右翼思想を広めようとしている」と話した。
 映像の最後は、ホテルを出た記者の取材を受けたオーストラリア人と中国人の観光客の「歴史を否定するホテルなら私は利用しない」「このホテルに二度と行くなと広く呼びかけるべきだ」といった同ホテルへの不満のコメントを紹介した。
 同記事は中国国内の各インターネットサイトに広く転載された。「中国人の日本への渡航を禁止すべきだ」「みんなでアパホテルをボイコットしよう」といった批判な書き込みが多く寄せられた一方、「この記事はアパホテルへの営業妨害行為ではないか」といった冷静な声も散見された。(以上(産経ニュース2017.1.19 12:00)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/170119/wor1701190027-n1.html

 中国の新華社通信記者がアパホテルに潜入して取材をしたらしい。
 その上でホテルのCEOが書いた本で、南京虐殺と慰安婦を否定していると不満そうな説明をしたそうだ。記者によると右翼思想らしいが、左に3回転半捻れている中国からすれば全てが右翼思想になるのだろう。事実を右翼思想とほざいて、真実をひん曲げようとするのは、中国と南朝鮮の真骨頂と言っても良かろう。中国ではアパホテルのネット予約ができなくなったようだが、これで、アパホテルはレベルの高い宿泊者で溢れることだろう。ことある毎にホテルで問題を起こす中国人と朝鮮人が来なければ、ホテルの経営としても良い方向だろう。中国のネットサイトでは「中国人の日本への渡航を禁止すべきだ」「みんなでアパホテルをボイコットしよう」と書き込まれているようだが、これこそ日本にとってウエルカムなことはあるまい。
 中国人も嫌なホテルに泊まる必要などないのだから、中国の左翼思想を理解するホテルを探せば良いのだ。と言うよりも日本に来るな!(No.5066-3)

|

« 名指しせぬから報道も他人事 | トップページ | 中韓のために心配する朝日 »

中国」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

風評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64782952

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌ならば泊まらなければ済む話:

« 名指しせぬから報道も他人事 | トップページ | 中韓のために心配する朝日 »