« 墜落にどしてもしたい左巻き | トップページ | ゆるキャラに託す民進のイメージ »

守らねば損害賠償待つ翁長

辺野古訴訟で沖縄県の敗訴確定 最高裁が判決
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、埋め立ての承認を取り消した沖縄県の翁長雄志知事を国が訴えた訴訟の上告審判決で、最高裁第二小法廷(鬼丸かおる裁判長)は20日、県の上告を退けた。県の敗訴が確定した。
 辺野古への移設に必要な沿岸部の埋め立てをめぐっては、仲井真弘多・前知事が2013年12月に国の申請を承認。だが「辺野古反対」を掲げて当選した翁長知事が昨年10月に承認を取り消した。
 国と県は相互に計3件の訴訟を起こしたが、今年3月に和解が成立。和解条項に基づき、国は承認取り消しの撤回を求める是正指示を出したが、翁長知事は応じなかった。このため、知事が従わないのは違法であることの確認を求め、改めて国が福岡高裁那覇支部に提訴した。
 9月の高裁支部判決は、国の主張をほぼ全面的に認め、「翁長知事が承認取り消しを撤回しないのは違法だ」と判断。「普天間飛行場の危険を除去するには、辺野古に新施設を建設するしかない」とも述べた。(以上(朝日デジタル2016年12月20日15時10分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASJDN44ZBJDNUTIL01R.html

 最高裁が、沖縄県知事翁長雄志の悪行を認めた判決を出し、沖縄県が完全に負けた。
 しかし、翁長雄志はこれに懲りず、あらゆる手を使って中国様のために辺野古移設を邪魔するとほざいている。本当に馬鹿という者は懲りないという典型だ。最高裁でも普天間基地の危険を除去するためには辺野古しかない」と断言したが、何と言っても、翁長雄志の与党は、過去の遺産がガラパゴスのように沖縄だけで大きな顔をしている共産党と社民党であり、得意の何でも反対党であるだけで、対案など決して口にはしないのだから、相手にすることもない。沖縄の正常化には、共産党と社民党県議の除去が必要かも知れない。
 翁長雄志に対して、国は損害賠償を考えているらしいが、翁長雄志は振興費から賠償金を支払うつもりだろうか?(No.5036-3)

|

« 墜落にどしてもしたい左巻き | トップページ | ゆるキャラに託す民進のイメージ »

共産党」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64650532

この記事へのトラックバック一覧です: 守らねば損害賠償待つ翁長:

« 墜落にどしてもしたい左巻き | トップページ | ゆるキャラに託す民進のイメージ »