« 着々と進む翁長の包囲網 | トップページ | 組織委が全額払やぁ済む話 »

皇室も政争の具にしたい党

天皇退位、民進は「恒久制度化」…論点整理
 民進党は21日、天皇の退位の恒久制度化などを柱とする「論点整理」をまとめた。
 必要な皇室典範改正を来年の通常国会で実現するよう求めている。政府は、一代限りの退位を可能とする特例法を軸に検討しており、今後の与野党協議に影響する可能性がある。
 論点整理は、民進党の皇位検討委員会(委員長=長浜博行・元環境相)が同日、常任幹事会に報告し、了承された。皇位継承を普遍的で安定的な制度とするため、「皇室典範改正によって退位制度を整備すべきだ」と主張。皇室典範4条に、天皇の意思に基づいて皇室会議の議決により退位を可能とする項目を新設するなどの改正案を示した。
 また、憲法が皇位継承を「皇室典範の定めるところにより」と規定していると指摘し、特例法による対応では「違憲の疑いを生じさせるとの指摘もある」と疑問を呈した。(以上(読売新聞2016年12月21日22時02分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161221-OYT1T50096.html

 悪意ある民進党が、天皇陛下の譲位に対して、話がまとまらないように多彩な内容を打ち出した。
 天皇陛下の譲位に対して、有識者会議で話し合われているが、発散した聴聞会の内容を一代限りの譲位を可能とする特例法でとりまとめようとしているのを知ってか知らずか、頭の悪い民進党が、ちゃぶ台返しをやろうと謀っている。有識者会議の内容は、天皇陛下のお気持ちをできるだけ早く実現する方法を模索しているが、民進党では、譲位も皇室典範の改正によって恒久的に出来るようにする、女性宮家、女性天皇まで取り込んで、話を発散させようという悪意しか感じない。まあ、天皇陛下の国事行為である国会の開会宣言には不参加が常の共産党と手を組んでいるから、その悪意しか感じられないのだ。如何に、皇室を政争の具にして、天皇陛下の譲位を邪魔しようかという頭の悪い民進党らしい発想だ。
 政府与党は、民進党など相手にせずに、次の国会で天皇陛下の譲位の特例法を可決して屁理屈の民進党など相手にするな。(No.5038)

|

« 着々と進む翁長の包囲網 | トップページ | 組織委が全額払やぁ済む話 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

皇室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64657475

この記事へのトラックバック一覧です: 皇室も政争の具にしたい党:

« 着々と進む翁長の包囲網 | トップページ | 組織委が全額払やぁ済む話 »