« オスプレイ墜ちて嬉しや沖縄紙 | トップページ | 当然と思う米軍司令官 »

民進党存在自体税の無駄

民進、国会対応で「恥の上塗り」 日露首脳会談前の安倍晋三首相を縛り付け…
 成立したカジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法をめぐり、民進党は15日未明までちぐはぐな対応を演じた。参院で与党と法案修正に合意しながら、14日は一転し、徹底的な審議の遅延戦術で抵抗した。ガバナンス(統治)が欠如した国会戦術に、党内外から激しい批判が相次いだ。結果的には15日の日露首脳会談直前まで安倍晋三首相を国会に縛り付けることになっただけに、民進党は国内外で「恥を上塗り」したともいえる。(水内茂幸、豊田真由美)
 「立法府の品格をかけ、今日は衆参一緒になって廃案への道筋をつけたい」
 民進党の蓮舫代表は14日朝の党参院議員総会で、IR法案を廃案に追い込むため、あらゆる手段を尽くすことを強調した。しかし、参院では与野党が円満な形で修正案を委員会採決しているだけに、出席者は「古典的な時間浪費戦術に転換しても意味がない。日露も控えるのだから品格がないのは蓮舫氏だ」と憤った。
 民進、共産、自由、社民の野党4党の14日の幹事長・書記局長会談では、民進党が根回しなしにIR法案の修正協議をしたことへの批判が噴出した。共産党の小池晃書記局長は「蓮舫氏は『廃案に追い込む』と言っていたのに突然、修正案が提出された。理解できず遺憾だ」と反発した。
 そもそもちぐはぐな対応となったのは、執行部が身内の党参院国対幹部の動きを掌握していなかったからだ。党参院幹部が13日、蓮舫氏と野田佳彦幹事長に法案修正を伝えた際、野田氏が思わず「そんなの想定していなかった」とこぼしたという。
 蓮舫氏らは慌てて、内閣不信任決議案や委員長不信任決議案を衆院に複数提出する方針を決めた。しかし与党が14日までの国会会期を再延長すれば、遅延戦術をとってもIR法成立を阻止する手立てはない。
 そればかりか、衆院本会議が15日未明までずれ込めば、ロシアのプーチン大統領との会談準備が必要な首相を無意味に国会に縛り付け、ロシアにも恥をさらすことになる。
 民進党の山井和則、共産党の穀田恵二両国対委員長が14日夕に国会対応を打ち合わせたときには、不信任案の提出本数をめぐりこんなやりとりも聞かれた。
 山井氏「とにかくこちらは4本出して、やれるところまで…」
 穀田氏「与党が『会期延長』と言い出した瞬間に(成立が)決まったも同然やんか。時間闘争だが、(衆院本会議を)10時間やるのがいいのか…という話になる」
 参院で与党と手を握りながら、修正IR法案が戻ってきた衆院では首相の外交日程を“人質”に取るような民進党。日本維新の会の遠藤敬国対委員長は14日の党会合で、吐き捨てた。
 「税金の無駄遣い。『ブラックボックス国会』といわれても仕方ない」(以上(産経ニュース2016.12.15 05:00)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/161215/plt1612150016-n1.html

 終盤国会で、民進党が執行部と参議院との連絡もせず、ちぐはぐな対応となった。
 民進党はIR法案に対して、違法ハーフ蓮舫代表や野田豚幹事長に何も言わずに参院民主党が自民党との修正協議に応じて賛成をしてしまった。しかし、少数意見を取り入れた上で多数決をするというこれが本当の民主主義であり、何でも反対を唱えている民進党執行部よりも余程かマシな対応だと思うが、ハシゴを外された違法ハーフ蓮舫と野田豚は、振り上げた拳を下ろす術がなくて困っているのだろう。それこそ、参院で修正協議に応じた議員の議員辞職を求めるのが筋論だろう。本当に無意味なことしかしない民進党など存在自体が税金の無駄だ。民進党は不信任案を数多く出して抵抗しようとしていたらしいが、成立の見込みもない不信任案を提出すること自体、税金の無駄だ。
 内閣不信任案は、否決されたならば出した野党の代表が辞任する位の縛りがないと緊張感がないセレモニーだ。(No.5031)

|

« オスプレイ墜ちて嬉しや沖縄紙 | トップページ | 当然と思う米軍司令官 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64627957

この記事へのトラックバック一覧です: 民進党存在自体税の無駄:

« オスプレイ墜ちて嬉しや沖縄紙 | トップページ | 当然と思う米軍司令官 »