« AIに下書きさせる答弁書 | トップページ | 五輪より利権が大事です自民 »

千葉県警やっと名前を公開す

飲み会に同席の30歳医師もわいせつ容疑で逮捕
 千葉県内に住む20代の女性にわいせつな行為をしたとして、千葉県警は5日、準強制わいせつの疑いで、千葉市中央区院内の医師、藤坂悠司容疑者(30)を逮捕した。また県警は同日、同じ女性にわいせつな行為をした上、けがを負わせたとして、集団強姦致傷の疑いで、いずれも千葉市中央区に住む大学生の吉元将也(23)▽山田兼輔(22)▽増田峰登=みねと=(23)-の3容疑者を11月21日に逮捕したと発表。関係者によると、この3人は千葉大医学部5年生。これまで県警は、事件の発生日時や逮捕者の名前、逮捕容疑などの情報を一切発表していなかった。捜査関係者によると、藤坂容疑者は千葉大病院の研修医で、吉元容疑者らを指導する立場だった。
 県警捜査1課によると、藤坂容疑者は容疑をおおむね認めている。吉元容疑者ら3人は、当初は容疑の一部を否認していたが、現在はおおむね認めている。
 藤坂容疑者の逮捕容疑は、9月20日午後10時ごろから翌21日午前0時半ごろまでの間、吉元、山田両容疑者と共謀し、千葉市内の飲食店で女性にわいせつな行為をしたとしている。
 吉元容疑者ら3人の逮捕容疑は、20日午後7時半ごろから翌21日午前0時半ごろまでの間、千葉市内の飲食店で女性にわいせつな行為をし、さらに同日午前5時ごろまでの間、増田容疑者の自宅で女性にわいせつな行為をしてけがを負わせたとしている。女性は全治5日の軽傷。(以上(産経ニュース2016.12.5 22:34)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/161205/afr1612050027-n1.html

 千葉大の事件で、容疑者の名前を公表してこなかった千葉県警がやっと容疑者の名前を出した。
 千葉県警は、被害者が特定されるなどという理由で容疑者の名前すら公表しなかったが、その間、ネットでは、容疑者は在日朝鮮人とか近しい人に法曹界の重鎮がいて圧力を掛けているなどという話が出回っていた。今回、名前の公表で、決してマスゴミでは公開されない容疑者の背後関係がネットでは出回ることだろう。以前、京都教育大学で同様の事件があり、その新聞記事をこのブログと同じように引用して載せていたら、ブログの公開からかなり経った時点で、名前の掲載された輩の弁護士を名乗る奴から、ブログの削除を求められた。しかし、新聞記事の引用であり、それを加工することは著作権法に違反するため、掲載記事の新聞社と相談の上、名前だけ消したことがある。今回の事件でも、ほとぼりが冷めたら同じことを要求される可能性があるが、事件の容疑者として名前が出たのだから、時間が経ったからと言ってその事件が無くなる訳でもない。それを人権派弁護士が、個人情報と称して削除してこの世から無かったことにさせるのは如何なものかと私は考える。
 学生の将来など、このような事件を起こした奴が倫理性の高い職業である医師になどなるべきではないと考える。(No.5023)

|

« AIに下書きさせる答弁書 | トップページ | 五輪より利権が大事です自民 »

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

警察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64589166

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県警やっと名前を公開す:

« AIに下書きさせる答弁書 | トップページ | 五輪より利権が大事です自民 »