« 分かってるから大統領を辞められぬ | トップページ | オスプレイ全て嫌いな偏向紙 »

公正な議事もできない委員長

終盤国会、再延長なし 民進、IR法案は内閣委で採決せず 与党、参院内閣委員長解任か
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案と関連法案が9日成立したことで、与党は14日までの今国会会期を再延長せず、年金制度改革法案などの成立を図る方向だ。最後の焦点はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案だが、民進党は審議の場である参院内閣委員会で、難波奨二委員長(民進)に採決させない方針を決定。安倍晋三内閣に対する不信任決議案の提出も視野に徹底抗戦する構えだ。
 民進党の江田憲司代表代行は9日の記者会見で、IR法案について「採決阻止、廃案に追い込むというのが衆参幹部も一致した方針だ」と強調した。
 自民党は13日に参院内閣委での法案採決を目指しているが、難波氏が委員長のままでは難しいのが実情だ。このため、難波氏の内閣委員長の解任決議案を可決して自民党出身の委員長に交代することや、委員会採決を省き、本会議で「中間報告」した上で採決することも検討している。
 一方、年金法案は13日の参院厚生労働委員会で採決し、14日の参院本会議で成立する見通しだ。自民党幹部は「IR法案のためだけの再延長は考えづらい」と指摘。吉田博美参院幹事長は9日の記者会見で、再延長は「念頭にない」と語った。
 民進党の蓮舫代表は9日、内閣不信任決議案などの提出も視野に入れる考えを表明。「われわれが持ちうるさまざまな手段の全てを排除しない」と述べた。(豊田真由美)(以上(産経ニュース2016.12.9 23:11)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/161209/plt1612090062-n1.html

 民進党の難波奨二が委員長を務める内閣委員会で、IR法案を民進党の意向で採決しないという公私混同が行われた。
 そもそも国会の委員会の委員長は、法に則って議事を進めるのが仕事で、自分の出身政党の意向だけを通すのが仕事ではない。しかし、民進党にかかると何でも反対する手段は選ばないというのだから、民進党議員の頭の中は小学生以下だ。民進党が廃案にするために画策するのは仕方ないが、委員長が公私混同するのは許せない暴挙であり、難波奨二など委員長の座から引きずり下ろして、委員長を取り替えれば良いのだ。参院選で惨敗した民進党であったが、内閣委員会の委員長ポストだけは絶対に渡さなかったという経過があり、それこそ党利党略だけの唐変木なのだ。
 政府与党は、粛々と公私混同した難波奨二の首を飛ばして、審議すれば良いのだ。民進党など審議拒否をしていれば良いのだ。(No.5027)

|

« 分かってるから大統領を辞められぬ | トップページ | オスプレイ全て嫌いな偏向紙 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64605700

この記事へのトラックバック一覧です: 公正な議事もできない委員長:

« 分かってるから大統領を辞められぬ | トップページ | オスプレイ全て嫌いな偏向紙 »