« 森喜朗の悪事暴いただけで良し | トップページ | 振り上げた拳が降ろせない都連 »

もち代に消える政党助成金

民進「もち代」支給
衆院解散にらみ異例対応

 民進党が早期の衆院解散・総選挙をにらみ、年末の活動費として所属衆院議員に一律約200万円の「もち代」を支給したことが1日分かった。党幹部は「蓮舫執行部は衆院解散が近いとみて異例の対応に踏み切った」と説明している。
 内部文書によると、党本部は11月30日に各選挙区支部に活動費を入金した。「解散・総選挙が現実的な日程となった場合、改めて資金の交付を検討する」と明記した。
 元議員ら公認内定者にも支給。金額は一律でなく「それぞれの状況や事情によってさまざま」(幹部)という。
 中堅議員は「ありがたい。さっそく地元の活動に役立てる」と述べた。(以上(共同通信2016/12/1 19:54)より引用)
http://this.kiji.is/177010125062438918?c=39546741839462401

 民進党がもち代と称して、政党助成金を所属議員にばらまいたそうだ。
 まあ、民進党はカネをばらまけば政治だと誤解しているらしいから、自分たちのカネは好きにすれば良いのだが、その原資は国民の税金だという認識など皆無で、それこそ、中国様の習近平が国民に施しを与えるのと同じ感覚で、違法ハーフ蓮舫様が施しをしている位だろう。中堅議員が「地元の活動に役立てる」とほざいているが、どのように役立てるのだろうか?妙に気になるコメントだ。
 民進党が解散総選挙と騒いでも、実際には全選挙区に候補を擁立することもできないようだから、蓮舫ならではの言動不一致と言えるだろう。(No.5021)

|

« 森喜朗の悪事暴いただけで良し | トップページ | 振り上げた拳が降ろせない都連 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64580183

この記事へのトラックバック一覧です: もち代に消える政党助成金:

« 森喜朗の悪事暴いただけで良し | トップページ | 振り上げた拳が降ろせない都連 »