« パチンコのためにカジノに反対す | トップページ | 審議せぬなら国会で邪魔するな »

借金でバカを量産するらしい

民進党、アベノミクスの対案まとまる
 民進党は、次の衆議院選挙の公約の目玉となる経済政策の骨格をまとめました。「人への投資」を前面に掲げ、大学までの教育の無償化や経済産業省の解体などが盛り込まれています。
 民進党がアベノミクスの対案としてまとめた経済政策の骨格は、公共事業よりも経済効果が高いとして、「人への投資」を前面に掲げています。

 具体的には、まず、大学までの教育無償化をあげ、その財源については、新たに「子ども国債」を発行することや、配偶者控除を廃止することでまかなうとしています。また、女性の活躍を後押しするため、育児休業手当の100%支給も盛り込まれました。さらに、経済産業省など経済官庁を解体した上でグローバル経済で勝ち抜くための対応にあたる「グローバル貿易・投資省」と自立した地域経済の構築を目指す「地域経済省」を新たに設置するとしています。
 民進党は、さらに党内で議論を重ねた上で、正式に決定することにしています。(01日21:44)(以上(2016年12月02日00時44分TBS)より引用)
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12198-75724/

 民進党が無い脳みそを絞ってアベノミクスの対案として、大学までの教育の無償化を出す予定だ。
 大学と言っても、中学の補習をやっている大学まで含んで教育の平等とほざいても無駄以外の何物でもない。どうせやるのならば、偏差値50以上の大学を無償化し、偏差値50未満の大学は各種学校として、補助金無しで経営させれば良いのだ。猫も杓子も大学に行ける時代に、チャンと日本の将来を見据えて金の配分にメリハリを付けなくては駄目なのだ。まあ、民進党レベルの脳みそでは、猫も杓子も一緒なのだろう。
 どうせ実現するはずもない民進党の公約だから相手にする必要もないが、「子ども国債」って後世へ先送りする借金だよな!(No.5019)

|

« パチンコのためにカジノに反対す | トップページ | 審議せぬなら国会で邪魔するな »

売国奴」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64571249

この記事へのトラックバック一覧です: 借金でバカを量産するらしい:

« パチンコのためにカジノに反対す | トップページ | 審議せぬなら国会で邪魔するな »