« レコ大の賞はお金の沙汰次第 | トップページ | 外務省の腑抜け電話で抗議とは »

紅白も自粛しているあの鐘を

「新しいスタートの年」日本の美を演出 国民的番組の新たな船出、成否に注目
 『今回は和田アキ子さんらベテラン勢の卒業・落選も注目されたが、長年親しまれてきた「日本の歌」を歌い継ぐ歌手も多い。男性デュオ、ゆずは、今年亡くなった永六輔さん作詞の「見上げてごらん夜の星を」に新たな詩とメロディーを加えた楽曲を披露。島津亜矢さんは、美空ひばりさんの「川の流れのように」カバーを歌う。』(以上(産経ニュース2016.12.31 07:27)より引用)
http://www.sankei.com/entertainments/news/161231/ent1612310004-n2.html

 年に一度の売れない歌手の虫干しである紅白歌合戦にあの鐘はうるさいとして通名・和田アキ子が落選した。
 これまでも、和田アキ子は全く曲が売れないのに朝鮮人枠としてかしらないが、なぜか紅白に出ていた。しかし、今年は日本人ではあり得ない除夜の鐘がうるさいとして除夜の鐘の自粛という話もあってか、朝鮮人・和田アキ子が落選したのだ。和田アキ子は歌唱力があると業界では評価されていたようだが、単に声が大きいだけとしか思えない。まして、毎年相変わらずあの鐘を鳴らし続けただけで、さすがに朝鮮人枠からもはみ出したようだ。
 そもそも、紅白が年中行事であった昭和の時代は終わったのだ。NHKは受信料を払わない輩に紅白を見せないようにスクランブルを掛けるべきだ。(No.5047-2)

|

« レコ大の賞はお金の沙汰次第 | トップページ | 外務省の腑抜け電話で抗議とは »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64699331

この記事へのトラックバック一覧です: 紅白も自粛しているあの鐘を:

« レコ大の賞はお金の沙汰次第 | トップページ | 外務省の腑抜け電話で抗議とは »