« 蓮舫が安住使って茶を濁す | トップページ | 翁長には先手必勝です政府 »

安倍総理これまた菅の尻ぬぐい

首相、帰還困難区域復興「月内に指針閣議決定」
 安倍首相は10日、東京電力福島第一原子力発電所事故による「帰還困難区域」の復興について、「国が前面に立って取り組み、基本指針を今月中に閣議決定する考えだ」と述べた。
 視察先の福島県川俣町で記者団の質問に答えた。
 首相はこれに先立ち、同県南相馬市でロボット部品を製造する事業者らと意見交換し、ロボット産業の拠点づくりに同市が取り組んでいることについて「すばらしい目標だ」とエールを送った。首相はJR常磐線の新地駅(福島県新地町)で、東日本大震災の津波により、不通だった区間の運転再開を記念する式典にも出席した。(以上(読売新聞2016年12月10日19時42分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161210-OYT1T50116.html

 安倍総理は原発菅災による「帰還困難区域」の復興について、今月中に閣議決定すると述べた。
 原発菅災から、来年で6年になるが、これまで、歩く国賊・菅直人、野田豚は被災地復興が最優先課題だとほざきながら、これという有効な手立てを打ってこなかった。それこそ歩く国賊・菅直人が総理時代に決めておけば済んだことだが、歩く国賊・菅直人は、被災地を人質にして政権の寿命を延ばしただけでなく、再エネ法というザル法を作って、太陽光発電所を作るならば、建築基準法や森林法など関係なく太陽光発電所を作れるようにして、太陽光発電所で自然破壊を加速しているのだ。歩く国賊・菅直人は、総理辞任後、迷惑を掛けた被災地廻りをするのならば分かるが、四国にSPを連れてお遍路などと言うワガママの極みをやったのだ。今の民進党は、民主三バカ政権の悪行三昧を突き返されると「過去のこと」だとほざくようになったが、過去があるから現在があるのであって、何も反省しなかった民主党が、通名を民進党に替えても同じことなのだ。
 今回の安倍総理の発言も、全て歩く国賊・菅直人の尻ぬぐいなのだ。(No.5028)

|

« 蓮舫が安住使って茶を濁す | トップページ | 翁長には先手必勝です政府 »

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64610377

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理これまた菅の尻ぬぐい:

« 蓮舫が安住使って茶を濁す | トップページ | 翁長には先手必勝です政府 »