« ゆるキャラに託す民進のイメージ | トップページ | 皇室も政争の具にしたい党 »

着々と進む翁長の包囲網

政府、沖縄県知事の権限無力化を検討 移設阻止へ抵抗を想定
 政府が、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設で沖縄県の翁長雄志知事による移設阻止に向けた権限を無力化する検討に入ったことが20日、分かった。翁長氏は辺野古移設をめぐる訴訟の判決確定後も抵抗を続け、設計変更承認など3つの知事権限で移設を阻止することを想定。政府の無力化は対抗策となり、攻防は第2ラウンドに移った。
 翁長氏は移設を阻止するため(1)設計変更(2)サンゴ移植(3)岩礁破砕-で権限行使を念頭に置く。政府が申請をしてきても、許可や承認を拒否することで移設工事を遅らせたり、阻止したりできると強調している。
 それを踏まえ、政府は対抗策の検討に着手した。
 3つの知事権限のうち設計変更について政府は申請をしないことで無力化する案が有力。辺野古移設と同時期に前知事の埋め立て承認を得て工事が進められている那覇空港の第2滑走路建設は公有水面埋立法に基づく設計変更申請が3月に1度、翁長氏の承認を得ているが、辺野古移設では設計変更なしで工事を進め、知事権限行使を封じる。
 埋め立て区域のサンゴを移植する際には知事の許可が必要になる。これについても政府は許可を得なくても当面の工事を進められる方策を検討している。
 岩礁破砕は埋め立てなど海底地形を改変する行為で知事の許可が必要。平成26年に前知事が出した許可は29年3月で期限を迎える。
 辺野古よりも埋め立て区域のサンゴが多いとされる第2滑走路建設では、辺野古に先立ち29年2月に岩礁破砕許可が期限を迎える。翁長氏が第2滑走路建設だけ許可を更新し、辺野古移設で更新しなければ公平性が問われる。知事権限の乱用と判断すれば、政府は損害賠償請求や代執行を視野に入れる。(以上(産経ニュース2016.12.21 07:09更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/161221/plt1612210016-n1.html

 昨日、最高裁判決でケチョンケチョンに負けた翁長雄志が邪魔する気満々なので政府も対応を考えている。
 そもそも、翁長雄志は那覇空港と辺野古移設でダブルスタンダードを行使して、悪意を以て辺野古移設を邪魔しているのは明らかなのだから、その矛盾点を突けば、違法ハーフ蓮舫と同じくぐうの音も出なくなるだろう。政府は翁長雄志に対して、「知事権限の乱用」と判断すれば損害賠償請求や代執行を考えているようだが、既に翁長雄志は、知事権限の乱用によって無用に辺野古工事を邪魔しているのだから、先手を取って、今すぐこれまでの損害の賠償請求訴訟を起こすべきだ。
 政府は、現在までだけで500億円にもなる損害を今すぐ翁長雄志個人に対して損害賠償請求を起こすべきだ。(No.5037-2)

|

« ゆるキャラに託す民進のイメージ | トップページ | 皇室も政争の具にしたい党 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64654475

この記事へのトラックバック一覧です: 着々と進む翁長の包囲網:

« ゆるキャラに託す民進のイメージ | トップページ | 皇室も政争の具にしたい党 »