« 塩崎よ嫌煙よりも仕事しろ | トップページ | 感覚が日本人ではない市民 »

国交断絶で十分ですコリア

「韓国のトランプ」が日本批判 「侵略の意思あらわ」
 韓国の次期大統領選に名前が挙がる最大野党「共に民主党」の李在明(イジェミョン)・城南市長が27日、外国メディアを対象に記者会見し、日本について「(朝鮮半島を)武力で侵攻、占拠した侵略国家だ」と述べた。日本が竹島(韓国名・独島(トクト))の領有権を主張していることについては「侵略の意思をあらわにしている」と指摘するなど、日本批判を繰り広げた。
 李氏は日本について、「(朝鮮半島を)侵略した事実を認めず、反省していない」と述べた。「外交的、経済的、文化的にも友好国だが、今の態度からみると、軍事的に敵対性が完全に解消されたとはいえない」と説明。日韓が11月に結んだ「軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)も撤回するべきだとの考えを示した。
 また慰安婦問題の日韓合意について、「個人の被害について、国家が合意する権限はない」とし、内容も「国民の感情に反する」と指摘。合意の形式も「(日韓で)共同の立場を発表した水準」などとし、再検討を求めた。
 日本メディアの記者から、日本政府がこれまで植民地支配を反省し、謝罪していることを指摘されると、李氏は「政権担当者によって言葉が変わる」などと語った。
 一方、北朝鮮問題をめぐっては「(金正恩委員長と)当然、会わなければならない」と述べ、南北首脳会談の必要性を強調。これまでの北朝鮮政策を大幅に見直す考えを示した。
 李氏は過激な発言から「韓国のトランプ」などと呼ばれ、調査機関「リアルメーター」が12月第3週に実施した次期大統領選に関する世論調査でも3位につけている。(ソウル=東岡徹)(以上(朝日デジタル2016年12月27日20時01分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJDW4V9BJDWUHBI01T.html

 南朝鮮の次期大統領候補の李在明が日本について好き勝手をほざいたので、こいつが大統領になれば南朝鮮とは国交断絶しかあるまい。
 まず、李在明は日本が朝鮮半島を武力で侵攻、占拠したとほざいているが、歴史では、大韓帝国が日本に併合を求めたと言うのが事実だ。朝鮮人としては、哀願したことが恥ずかしいから、自国の歴史では教えていないだけだ。それゆえに、侵略した事実がないのだから、日本が反省する必要など皆無だ。また、「軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)も撤回するとほざくのならば、別に米軍の情報が入るし、北朝鮮のミサイルを見失うような南朝鮮の糞にもならない情報など不要だ。さらに、自称慰安婦問題を蒸し返すのならば、まず、日韓基本条約時に遡って全てをリセットして、日本の取り分を全部日本に返還してからほざくべきだ。その上、李在明は、「政権担当者によって言葉が変わる」とほざく以上、南朝鮮は嘘吐き国家なのだから、日本は一顧だにしないことが重要だ。
 今日、安倍総理がアリゾナ記念館を訪問して、和解の道を選んだが、千年恨む朝鮮とは関わらないのが一番だ。(No.5044-2)

|

« 塩崎よ嫌煙よりも仕事しろ | トップページ | 感覚が日本人ではない市民 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64686542

この記事へのトラックバック一覧です: 国交断絶で十分ですコリア:

« 塩崎よ嫌煙よりも仕事しろ | トップページ | 感覚が日本人ではない市民 »