« 蓮舫に憑依されてる小池知事 | トップページ | 朝鮮人とは分からぬ記事を書く朝日 »

素直には負けを認めぬのが翁長

辺野古訴訟、沖縄県の敗訴が事実上確定 判決20日に決定
 翁長雄志知事による名護市辺野古の埋め立て承認取り消しを巡り、国が県を相手に提起した不作為の違法確認訴訟で、最高裁は12日、判決期日を20日に決定した。弁論を開かずに判決期日を指定したことにより、県の敗訴が事実上確定した。辺野古新基地建設阻止を掲げる翁長県政にとって厳しい結果となり、今後の議論に大きな影響を与える。
 翁長知事は「確定判決には従う」と述べており、最高裁判決後にも埋め立て承認取り消しを“取り消す”見通しとなった。国が新基地建設工事を再開する法的根拠が復活する。一方、翁長知事は敗訴した場合でも「あらゆる手法」で辺野古新基地建設を阻止する姿勢は変わらないとしており、移設問題の行方は不透明な情勢が続く。
 不作為の違法確認訴訟の一審・福岡高裁那覇支部は9月16日、翁長知事による承認取り消しは違法だとして、同取り消しの違法性の確認を求めていた国の主張を全面的に認める判決を出した。県は判決を不服として、同23日に上告していた。(以上(【琉球新報電子版】2016年12月12日15:26)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-410472.html

 国が沖縄県を相手に提訴した訴訟が、最高裁で弁論も開かず判決が出ることで、翁長雄志の負けが決まった。
 翁長雄志はあらゆる屁理屈を並べて辺野古移設を邪魔するとほざいているが、政府は沖縄県に対して損害賠償請求をちらつかせているという心理戦の様相が強くなっている。しかし、辺野古移設が完了すれば、普天間基地全部が返還されて、普天間基地の危険も無くなるのだが、論理矛盾をしている翁長雄志には理解出来ないのだろう。
 最近の政治屋は、翁長雄志を含めてトータルで答えを出すという観点が欠如しているように感じる。時間はカネで買えないのだ。(No.5029)

|

« 蓮舫に憑依されてる小池知事 | トップページ | 朝鮮人とは分からぬ記事を書く朝日 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64619248

この記事へのトラックバック一覧です: 素直には負けを認めぬのが翁長:

« 蓮舫に憑依されてる小池知事 | トップページ | 朝鮮人とは分からぬ記事を書く朝日 »