« 中国のことは簡単沖縄紙 | トップページ | 政治不在で卵が消えているコリア »

蓮舫に人気があるという誤算

民進、大阪テコ入れ…蓮舫代表が3度目の訪問
 民進党の蓮舫代表は24日、大阪市を訪れ、繁華街のJR天王寺駅前で街頭演説したり、NPO法人の活動を視察したりした。
 蓮舫氏の大阪入りは9月の就任以来、3度目。「民進不毛の地」ともいわれる大阪での党勢拡大が狙いだ。
 大阪はかつて、民進党の前身である民主党の地盤の一つだった。政権交代を実現させた2009年衆院選で、同党は大阪でも19小選挙区のうち17に候補を立てて全員当選。しかし、強烈な逆風下で臨んだ12年衆院選では、日本維新の会の進出を許し、小選挙区での当選はゼロだった。14年衆院選では5人しか候補を擁立できないまでに地元組織が弱体化し、小選挙区で勝利したのは1人だけだった。
 蓮舫氏は24日、大阪市内で記者団に、「大阪の党勢は相当厳しく、簡単に回復するとは思っていない」と率直に語った。(以上(読売新聞2016年12月25日09時23分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161224-OYT1T50135.html

 民進党の蓮舫が、自分に人気があると自負して、民進不毛の地の大阪に足繁く通っているそうだ。
 民進党としては、蓮舫の人気におんぶに抱っこ状態だが、蓮舫に人気がないことは世論調査の結果を見ても明らかだということに気付かないのが、民進党だ。それはなぜかと考えると、民進党も蓮舫もツイッターで自分たちの意に沿わないツイートをする者はブロックしているから、自分たちに都合の良いツイートしか見ていないのだ。それゆえに、自分には人気があると誤解しているのだろう。大阪の民進党と言えば、辻元清美だが、執行猶予付の有罪判決だから、公民権停止にならないことがおかしいと言うのが世論だ。罰金刑でも公民権停止5年なのに、執行猶予が付けば無罪放免というのは公職選挙法のおかしい点だが、決して民進党が改正するべきだなどとは言わないのだ。蓮舫はNPO法人の視察で、子どもを抱き上げたが子どもも本能的に嫌な奴だと分かったらしく火のように泣き出して、蓮舫が子どもを渡すまで泣きやまなかったらしい。
 自民党としては、次期総選挙は蓮舫代表の方が選挙が楽だからと、蓮舫の二重国籍について責めていないが、甘すぎる対応だ。(No.5041-2)

|

« 中国のことは簡単沖縄紙 | トップページ | 政治不在で卵が消えているコリア »

中国」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64673482

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮舫に人気があるという誤算:

« 中国のことは簡単沖縄紙 | トップページ | 政治不在で卵が消えているコリア »