« 振り上げた拳が降ろせない都連 | トップページ | 文句を並べ立て歳費だけ貰う »

延長分野党が払え国会費

野党は「少数の横暴」=自民・西村総裁特別補佐
 自民党の西村康稔総裁特別補佐は4日のNHK番組で、野党が与党の国会対応を「数のおごり」と批判していることについて「少数政党が出てこなかったりすれば、審議が進まず採決できない。むしろ少数の横暴だ」と反論した。
 カジノを中心とする統合型リゾート(IR)推進法案については「審議拒否しながら時間が足りないと言う資格はない」と野党の姿勢に不快感を示した上で、「1年以内に出る実施法案で(ギャンブル)依存症対策などを議論する」と理解を求めた。(以上(時事ドットコム2016/12/04-12:30)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120400047&g=pol

 自民党の西村康稔総裁特別補佐が、テレビ番組で野党の「少数の横暴」と表されたが全くその通りだ。
 精一杯審議を尽くして時間が足らないという理由で採決延期してさらに議論を深めるというのなら理解はできるが、審議拒否をしておいて、審議時間が足らないとほざく民進党、共産党の考えは全く理解出来ない。私だけでなく多くの有権者がそのように受け取っているから、民進党、共産党の政党支持率も上がらないのだ。要するに、民進党、共産党の戦術が国民に理解されていないのだが、それすら分からないのが、民共合作だ。国会費は1日数億円という国民の税金が垂れ流しにされている実情を鑑みると、原因を作った民共合作に国会費を負担して貰うことが、一番リーズナブルだ。
 チャンと審議をしていれば、先月末の国会会期末で終わっていたのだから、国民負担を低減するためにも、諸悪の根源の民共合作が国会費を払うべきだ。(No.5021-3)

|

« 振り上げた拳が降ろせない都連 | トップページ | 文句を並べ立て歳費だけ貰う »

共産党」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64581668

この記事へのトラックバック一覧です: 延長分野党が払え国会費:

« 振り上げた拳が降ろせない都連 | トップページ | 文句を並べ立て歳費だけ貰う »