« 副知事は英語できないから怒る | トップページ | 玄米より安い白米売るイオン »

領土帰るまで協力はペンディング

日露経済協力、事業60件超に…3千億円規模
 政府がロシアに対して提案していた「8項目の経済協力プラン」について、日露の政府や企業間などで合意する事業が60件超に達し、投融資の総額が3000億円規模となることがわかった。
 政府関係者が明らかにした。
 協力案件には、ロシアでの液化天然ガス(LNG)開発や、日本の先端医療を取り入れたリハビリセンターの建設などが盛り込まれている。安倍首相とロシアのプーチン大統領が16日午後、協力プランについて合意文書を取り交わす。
 一方、日露両国の財界人ら約600人が、エネルギーや都市開発分野などの協力を話し合う「日露ビジネス対話」が16日午前、東京都内で始まった。会場では日露の企業間で共同事業などの調印も行われており、川崎重工業が露極東のサハ共和国などとの間で、ガスタービンを活用したエネルギー供給の共同調査を行うことで覚書を交わした。(以上(読売新聞2016年12月16日13時35分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20161216-OYT1T50074.html

 ロシアのプーチンとの首脳会談で、総額3000億円の投融資を合意するらしいが、実動は領土返還の後にするべきだ。
 第二次世界大戦中の日ソ不可侵条約を一方的に破棄した、北方領土を日本が無条件降伏しているにもかかわらず軍事力で不法占拠しているなどロシア人は信用出来ない嘘吐き民族なのだ。これまでも、領土返還をちらつかせて、ムネオハウスなどの経済協力を行ったが、結局はソ連崩壊後の経済危機を助けたに過ぎない。嘘の染みついている民族をそのまま信用して、信頼関係の構築が先だとかプーチンはほざいているが、クリミア半島問題での経済制裁で疲弊したロシア経済のために、単に日本の経済協力とほざいているだけだ。
 日本もロシア人は信じられないから、経済協力は北方領土返還後に開始しましょうでなければ、また、騙されるだけだ。(No.5032-2)

|

« 副知事は英語できないから怒る | トップページ | 玄米より安い白米売るイオン »

ロシア」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64632870

この記事へのトラックバック一覧です: 領土帰るまで協力はペンディング:

« 副知事は英語できないから怒る | トップページ | 玄米より安い白米売るイオン »