« 五輪より利権が大事です自民 | トップページ | 除名しておいて新党に怯えてる »

採決は意思表示せぬ民進党

IR整備推進法案が衆院通過 賛否分かれた公明 賛成は石井啓一国交相、反対は井上義久幹事長
 カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が6日午後、衆院本会議で自民党や日本維新の会などの賛成多数で可決した。
 党内で賛否が分かれたため党議拘束を外し、自主投票で臨んだ公明党では、石井啓一国土交通相、北側一雄副代表、漆原良夫中央幹事会会長、斉藤鉄夫幹事長代行、太田昭宏前代表らが賛成。井上義久幹事長、大口善徳国対委員長らが反対した。民進党は採決前に退席し、共産党は出席して反対した。(以上(産経ニュース2016.12.6 13:51更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/161206/plt1612060019-n1.html

 IR法の採決を巡って、党内意見をまとめられない民進党は、退席という逃げに出た。
 まだ、共産党の方が出席して反対をするだけマシなのだ。国民の代表でありながら、国民の意志を代表して投票するという行為から逃げ出すのだから、民進党議員など国会議員としての資格など無い。民進党はIR法案で党内の意見調整をすれば党が割れるという理由らしいが、それまでに党内議論を進めていなかったとう公党としての責任感も皆無だ。それよりも、党内意見の調整が付かなければ公明党のように党議拘束をせず、自由投票にすれば良いのだ。
 国会の採決から、逃げる民進党など国民の代表という自分の立場を忘れ、私利私欲に走っているだけの輩の集団だ。まあ蓮舫にしてもまとめられない程度のオツムらしい。(No.5023-3)

|

« 五輪より利権が大事です自民 | トップページ | 除名しておいて新党に怯えてる »

「ギャンブル」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64590433

この記事へのトラックバック一覧です: 採決は意思表示せぬ民進党:

« 五輪より利権が大事です自民 | トップページ | 除名しておいて新党に怯えてる »