« 高齢者だけが支持する民進党 | トップページ | 守らねば損害賠償待つ翁長 »

墜落にどしてもしたい左巻き

「墜落」か「不時着」か 沖縄県議会、事故表現巡り協議決裂
 県議会米軍基地関係特別委員会は20日、オスプレイ墜落や訓練再開に対する抗議決議、意見書の文案を協議したが、与野党で意見がまとまらず、決裂した。県政与党側が事故について「墜落」と表現すべきだと求めたのに対し、野党の自民が「不時着」として難色を示し主張が分かれ、折り合えなかった。オスプレイの「配備撤回」の見解を巡っても意見が一致しなかった。
 決裂を受け、与党は議員提案でオスプレイの配備撤回や在沖米海兵隊の撤退、在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官の更迭などを求める抗議決議、意見書を22日の本会議に提案する。
 県議会は与党が過半数を占めるため、与党提案の両案は賛成多数で可決される見通し。与党とは別に、野党の自民も抗議決議と意見書を提案する見込み。
 20日の委員会審議では、当初の委員長案に盛り込まれていた米軍普天間飛行場の「県内移設断念」について、全会一致の可決を優先し文案調整で削除されるなど与野党が歩み寄る動きもあったが、最終的に決裂した。(以上(【琉球新報電子版】2016年12月20日12時16分)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-414824.html

 沖縄県議会で、オスプレイの配備撤回と「墜落」の文字を入れたい与党と反対する野党で折り合いが付かず、強行採決で決議されるらしい。
 沖縄県のおかしい所は、日本中で共産党と社民党という過去の遺物が与党を占めている点だ。それゆえに、中国の怖れるオスプレイを沖縄から撤退させて、スムースに中国に沖縄を売ろうという魂胆が根底にある。さらに、沖縄のおかしい与党は、議員提案でオスプレイの配備撤回や在沖米海兵隊の撤退、在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官の更迭などを求める抗議決議、意見書を採択するらしいが、日本の外交・国防に関わる部分、アメリカの人事にまで口を出すのだから、頭がおかしい輩が議員をしているとしか思えない。中国の脅威を考えれば、在日米軍は沖縄の防波堤なのだが、左巻き連中には邪魔でしょうがないのだ。つい最近、米軍の艦載機FA16がそれこそ墜落したが、翁長雄志を筆頭に沖縄の左巻きは何もほざかなかったが、オスプレイに対しては、格段の思い入れがあるのだろう。
 国政でも何でも反対党しか出来ない輩が、沖縄の与党をやっているという捻れ現象の解消こそが日本の安全に繋がる。(No.5036-2)

|

« 高齢者だけが支持する民進党 | トップページ | 守らねば損害賠償待つ翁長 »

共産党」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64650155

この記事へのトラックバック一覧です: 墜落にどしてもしたい左巻き:

« 高齢者だけが支持する民進党 | トップページ | 守らねば損害賠償待つ翁長 »