« 採決は意思表示せぬ民進党 | トップページ | 子会社で無駄にしている受信料 »

除名しておいて新党に怯えてる

区議除名、自民党執行部にショック…新党を警戒
 自民党東京都連は6日、都知事選で小池百合子知事を支援した豊島、練馬両区議7人を除名とした。
 来年夏の東京都議選をにらみ、小池氏と都連の対立が深まる展開となり、党本部は頭を悩ませている。
 都連の処分決定は、安倍首相や二階幹事長にとって避けたい事態だった。小池氏が都議選で「小池新党」の結成に動けば、自民党が議席を減らすとの見方があるためで、党執行部にはショックが広がった。
 安倍内閣は2020年東京五輪・パラリンピックの成功を政権浮揚につなげる展望を描き、小池氏との連携を重視している。それだけに、党関係者は「対立の火種を政権全体にまで広げないようにしないといけない」と語った。
 小池氏が10月に発足させた政治塾は新党の布石とみられている。今回、区議の処分は新党結成の引き金になるとの見方が出た。(以上(読売新聞2016年12月07日00時19分)より引用)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161207-OYT1T50000.html

 自民党都連は、都知事選で小池知事を支援した7名の区議を除名処分にした。
 これで、自民党が中央と地方で一枚岩ではないことがハッキリした。小池知事を応援した若狭議員は厳重注意、小池氏本人には何のお咎めがないという対応が中央であるのに対して、地方の区議となると除名処分なのだから、全く一貫性の無い処分と言える。これで小池知事は、小池新党を立ち上げる名目ができたと言えよう。腐った自民党都議の大掃除に丁度良い話だ。中央では自民党が一党独走態勢にあるが、地方では未だに利権に取り憑いた自民党議員が多いのだから、どこかで大掃除する必要があるのだ。
 何と言っても、都議選では小池新党から、自民党都連の諸悪の根源・内田茂に刺客を送り込むことを期待したい。(No.5024)

|

« 採決は意思表示せぬ民進党 | トップページ | 子会社で無駄にしている受信料 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64593423

この記事へのトラックバック一覧です: 除名しておいて新党に怯えてる:

« 採決は意思表示せぬ民進党 | トップページ | 子会社で無駄にしている受信料 »