« 玄米より安い白米売るイオン | トップページ | 翁長雄志現場視察のセレモニー »

高齢ドライバー踏み間違いも刑務所ぞ

15歳事故死 81歳男に実刑 さいたま地裁 母「判決、高齢者に影響」
 さいたま市浦和区で昨年12月、公立高1年、稲垣聖菜さん=当時(15)=が車にはねられ死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪に問われた同区の無職、河内節二被告(81)の判決公判が16日、さいたま地裁で開かれ、古玉正紀裁判官は禁錮1年6月(求刑同2年6月)の実刑判決を言い渡した。
 判決によると、昨年12月23日午後2時35分ごろ、車を運転した際に周囲を確認する注意義務を怠り、車道脇を歩いていた聖菜さんをはねて死亡させたとしている。
 河内被告は警察に逮捕された際、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と供述していた。
 聖菜さんの母、智恵美さん(47)は判決後に会見し、「この実刑判決は、高齢者がハンドルを握る手に大きな影響を与えると思う。聖菜が戻ってくることはなくても、報われない死ではなかった」と語った。(以上(産経ニュース2016.12.17 09:41)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/161217/afr1612170009-n1.html

 ブレーキとアクセルの踏み間違いで人を轢き殺した高齢運転手の裁判で禁固1年6か月の実刑判決が出た。
 高齢運転手による若い人のひき殺し事件が多発しているが、高齢運転手は生活ができないとほざいて少々の認知症でも車を運転して事故を起こしている。しかし、免許を返上したから、買い物に行けなくて餓死したという老人は聞いたことがない。単なる言い訳に過ぎないし、そのような環境がないと言っても、昔は地区に一件はあった万屋を駆逐したのは、若き日の高齢ドライバーなのだ。また、高齢ドライバーが起こした事故では、認知症の疑いがあれば精神鑑定に送られ、認知症であれば罪を問われないと言う高齢者利権が発生していたと言っても良かろう。高齢ドライバーが認知症であろうとも轢き殺された命は戻ってこないのだ。今回の判決のように、いくら高齢であろうとも刑務所にぶち込んで反省させるべきだのだ。刑務所の中では免許証がなくてもメシは食える。
 この判決をメディアは大々的に報道し、高齢運転手の免許証返上しなければ刑務所行きだという警鐘を鳴らすべきだ。(No.5033-2)

|

« 玄米より安い白米売るイオン | トップページ | 翁長雄志現場視察のセレモニー »

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64637082

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢ドライバー踏み間違いも刑務所ぞ:

« 玄米より安い白米売るイオン | トップページ | 翁長雄志現場視察のセレモニー »